電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-19 11:45
ヒヨコを用いた色恒常性の研究
竹内 愛石塚雅貴・○鈴木雅洋常磐大)・内川惠二神奈川工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人間の色恒常性成立メカニズムを解明するための動物実験について検討した.人間の色恒常性に関するこれまでの研究によると,色恒常性の成立には,環境の色度輝度についての何らかの先験的な知識が必要であることが示されている.しかし,色度輝度の先験的知識が具体的に何であるのかについては,実証的に確認されていない.これは,そのような実証的確認が人間を被験者とした実験では困難であったからであった.そこで,本研究では,色恒常性に必要となる先験的知識の実証的確認を可能とする動物実験の条件(色覚,親との関係性,発達速度)について議論して,条件に該当する被験体として白色レグホンを選び,色恒常性の習得性を確認する実験を実施した.その結果,白色レグホンの色恒常性が習得的であることが示された.白色レグホンは,色恒常性に必要となる先験的知識を検討する実験の被験体として適しているといえる. 
(英) This study examined the experiments using animal subjects to reveal the mechanism of human color constancy. Previous studies on human color constancy assumed that a priori knowledge of color and luminance in the environments is required for consistently perceiving color. However, the knowledge required for color constancy was not empirically confirmed because the experiments for such confirmation were difficult to conduct by using human observers. In this study, the three requirements (i.e., color vision, the relation to a parent, and the speed of development) of the experiments using animal subjects were discussed to empirically confirm the knowledge required for color constancy, and the preliminary experiment using white leghorn chickens that meet the requirements was conducted in order to examine their color constancy. The results obtained from the experiment indicate that their color constancy were acquired. These findings demonstrate that white leghorn chickens are suitable for the subjects of the experiments to empirically confirm the knowledge required for color constancy.
キーワード (和) 色覚 / 色知覚 / 色恒常性 / 動物心理学 / 動物心理物理学 / 白色レグホン / /  
(英) Color Vision / Color Perception / Color Constancy / Animal Psychology / Animal Psychophysics / White Leghorn / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-HI 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒヨコを用いた色恒常性の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Preliminary Study on Color Constancy Using Chicks as Subjects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色覚 / Color Vision  
キーワード(2)(和/英) 色知覚 / Color Perception  
キーワード(3)(和/英) 色恒常性 / Color Constancy  
キーワード(4)(和/英) 動物心理学 / Animal Psychology  
キーワード(5)(和/英) 動物心理物理学 / Animal Psychophysics  
キーワード(6)(和/英) 白色レグホン / White Leghorn  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 愛 / Ai Takeuchi / タケウチ アイ
第1著者 所属(和/英) 常磐大学 (略称: 常磐大)
Tokiwa University (略称: Tokiwa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 雅貴 / Masaki Ishizuka / イシヅカ マサキ
第2著者 所属(和/英) 常磐大学 (略称: 常磐大)
Tokiwa University (略称: Tokiwa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 雅洋 / Masahiro Suzuki / スズキ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 常磐大学 (略称: 常磐大)
Tokiwa University (略称: Tokiwa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内川 惠二 / Keiji Uchikawa / ウチカワ ケイジ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-19 11:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-HI 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会