お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-13 14:25
空港面において大地反射フェージングを低減する基地局アンテナ構成の実験的検証
長縄潤一森岡和行宮崎則彦呂 暁東河村暁子米本成人住谷泰人電子航法研SANE2018-112
抄録 (和) AeroMACS (Aeronautical Mobile Airport Communications System) は空港面においてCバンド(5 GHz帯)による高速無線アクセスを提供するための規格である.AeroMACSにより空港面における関係者間の情報共有が促進され,安全性や効率性の向上が期待される.実証実験等によりAeroMACSの有効性は確認されている一方で,空港面における大地反射フェージングが受信信号強度を低下させる現象も観測されている.そのため,筆者らは基地局アンテナを上下に配置することでフェージングの影響を低減する手法を提案してきた.これまでに大地反射波の影響が顕著な滑走路上での測定を行い,原理確認と改善効果評価を実施した.本稿では空港場周道路での測定結果を報告する.場周道路においては建築物の存在や地形形状により,必ずしも伝搬路が提案手法の前提とする二波モデルに従わないが,実験的に改善効果が得られることを確認した.また,MISO(Multi-Input Single-Output)からMIMO(Multi-Input Multi-Output)に拡張しても提案手法の有効性が保たれることを確認した. 
(英) AeroMACS (Aeronautical Mobile Airport Communications System) is a wireless communication standard which provides high-speed access on an airport surface. AeroMACS can facilitate information sharing among stakeholders, thereby contributing safety and efficiency. Although many field trials have successfully verified the effectiveness of AeroMACS,
the authors observed a case where ground reflection fading degrades the received signal strength. Therefore, the authors have proposed a fading mitigation method that employs vertically alligned base-station antennas.
The measurement on a runway, where ground reflection fading is significant, has verified the mechanism and effectiveness of the proposed method. In this technical report, additional measurement in a perimeter road is reported. Because of buildings and terrain, the propagation channel in a perimeter road does not always follow the two-ray model, which the proposed method assumes, yet the proposed method effectively worked. Also, it was verified that the proposed method is effective with not only MISO(Multi-Input Single-Output) but also MIMO(Multi-Input Multi-Output).
キーワード (和) AeroMACS / 大地反射フェージング / MIMO / STBC / / / /  
(英) AeroMACS / Ground Reflection Fading / MIMO / STBC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 441, SANE2018-112, pp. 13-18, 2019年2月.
資料番号 SANE2018-112 
発行日 2019-02-06 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2018-112

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2019-02-13 - 2019-02-14 
開催地(和) JAXA種子島宇宙センター 
開催地(英) Tanegashima Island 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空港面において大地反射フェージングを低減する基地局アンテナ構成の実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Verification of BS Antenna Configuration Mitigating Ground Reflection Fading on Airport Surface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AeroMACS / AeroMACS  
キーワード(2)(和/英) 大地反射フェージング / Ground Reflection Fading  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) STBC / STBC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長縄 潤一 / Junichi Naganawa / ナガナワ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森岡 和行 / Kazuyuki Morioka / モリオカ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 則彦 / Norihiko Miyazaki / ミヤザキ ノリヒコ
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 呂 暁東 / Xiaodong Lu /
第4著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 暁子 / Akiko Kohmura / コウムラ アキコ
第5著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 米本 成人 / Naruto Yonemoto / ヨネモト ナルト
第6著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 住谷 泰人 / Yasuto Sumiya / スミヤ ヤスト
第7著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-13 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-112 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2019-02-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会