電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-13 13:30
低軌道地球周回衛星におけるMIMOチャネル解析
加藤智隼中台光洋JAXA)・五藤大介柴山大樹山下史洋NTTSAT2018-60
抄録 (和) 低軌道地球周回(LEO)衛星では地球観測センサの高度化やコンステレーションサービスの登場に伴い求められるデータ伝送量が急増している. 筆者らは, 限界を迎えつつある高速通信技術である多値化・広帯域化等に頼らない, MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)によるLEO衛星回線の高速化を検討している. 本稿ではLEO衛星にMIMOを適用した際のチャネル容量向上効果を定量的に明らかにするため, LEO衛星通信路モデルを1波のLOS環境と仮定し, 2x2 MIMOを適用した際の1回帰中におけるアンテナ間距離, 位相差に応じたチャネル行列, 及びチャネル容量を仰角毎, 時刻毎に解析したので, その結果を報告する. 
(英) In the Low Earth Orbital (LEO) Satellites, transmission data rate of the satellite communication is rapidly increasing toward increasing the observation sensor capabilities of Earth observation satellites and appearance of the LEO constellation service. However, high-order modulation or wideband techniques are reaching the limit of capacity improvement. Therefore, we investigate the high-speed LEO satellite telecommunication system by MIMO (Multiple-Input Multiple-Output). In this paper, to reveal the channel capacity improvement of the LEO MIMO, we propose the 2x2 LEO MIMO channel model and report the results of some analysis of the spatial channel matrix and channel capacity according to the antenna distance and phase difference for each elevation angle, under the Line Of Sight (LOS) channel without multipath.
キーワード (和) Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) / 低軌道地球周回衛星 / / / / / /  
(英) Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) / LEO satellite / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 442, SAT2018-60, pp. 17-22, 2019年2月.
資料番号 SAT2018-60 
発行日 2019-02-06 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2018-60

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2019-02-13 - 2019-02-14 
開催地(和) JAXA種子島宇宙センター 
開催地(英) Tanegashima Island 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2019-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低軌道地球周回衛星におけるMIMOチャネル解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of the MIMO channel for LEO Satellites 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) / Multiple-Input Multiple-Output (MIMO)  
キーワード(2)(和/英) 低軌道地球周回衛星 / LEO satellite  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智隼 / Chihaya Kato / カトウ チハヤ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中台 光洋 / Mitsuhiro Nakadai / ナカダイ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五藤 大介 / Daisuke Goto / ゴトウ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 大樹 / Daiki Shibayama / シバヤマ ダイキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 史洋 / Fumihiro Yamashita / ヤマシタ フミヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-13 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2018-60 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.442 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2019-02-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会