電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-01 15:35
条件付きL1正規化チャネル推定法を用いた物理層セキュリティの検討
高野泰洋神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) L1正規化チャネル推定法は,Channel impulse response (CIR) が疎であれば,短い Training sequence (TS) であっても Cramer-Rao bound (CRB) に比例する推定性能を達成しうる. 本稿では, 以前に提案した条件付きL1正規化チャネル推定法アルゴリズムとその推定性能を概説する. そして, 秘密容量はチャネル推定性能に依存すること確認し, TS長の制御がセキュア伝送の重要な要素になることを議論する. 
(英) An L1 regularized channel estimation technique can, even with a short training sequence (TS), achieve estimation performance being proportional to the Cramer-Rao bound (CRB) when the channel impulse response (CIR) exhibits sparse property. This paper summarizes the previously-proposed conditional L1 regularized channel estimation algorithm and its estimation performance. We observe that the secrecy capacity depends on channel estimation accuracy, and discuss that TS length control can be a key-factor for secure transmission.
キーワード (和) L1正規化 / チャネル推定 / 秘密容量 / 物理レイヤセキュリティ / / / /  
(英) L1 regularization / channel estimation / secrecy capacity / physical layer security / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 435, RCS2018-276, pp. 197-201, 2019年1月.
資料番号 RCS2018-276 
発行日 2019-01-24 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 条件付きL1正規化チャネル推定法を用いた物理層セキュリティの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of physical layer security using L1 regularized channel estimation techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) L1正規化 / L1 regularization  
キーワード(2)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(3)(和/英) 秘密容量 / secrecy capacity  
キーワード(4)(和/英) 物理レイヤセキュリティ / physical layer security  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 泰洋 / Yasuhiro Takano /
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kove Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-01 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2018-69,IEICE-SIP2018-99,IEICE-RCS2018-276 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.433(IT), no.434(SIP), no.435(RCS) 
ページ範囲 pp.197-201 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2019-01-24,IEICE-SIP-2019-01-24,IEICE-RCS-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会