電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-01 16:20
[招待講演]絶対音感と音楽の認知 ~ 絶対音感の神話を超えて ~
宮崎謙一新潟大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 絶対音感と相対音感の国際比較研究の紹介を中心に,音楽の認知と絶対音感の問題を考察する.認知心理学の視点から考えると,音楽の認知においては相対音感が重要な役割を果たしており,絶対音感はほとんど関連がない.ところが日本では,絶対音感を音楽家にとって価値ある能力とする見方が信じられている現状がある.国際比較研究の結果,日本の音楽学生は中国や欧米の学生にくらべて絶対音感の点では優れている反面,相対音感の点では劣ることが明らかになった.この結果は,日本における音楽教育が有効に機能していないことを示唆しており,その背景に,絶対音感を過剰に価値あるものと見なす日本独特の社会・文化的状況があると考えられる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 絶対音感 / 相対音感 / 音楽認知 / 国際比較 / / / /  
(英) Absolute pitch / Relative pitch / Music cognition / Cross-cultural comparison / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 437, HCS2018-53, pp. 33-38, 2019年2月.
資料番号 HCS2018-53 
発行日 2019-01-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2019-02-01 - 2019-02-02 
開催地(和) 新潟日報メディアシップ 
開催地(英) Niigata Nippo Media Ship 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2019-02-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 絶対音感と音楽の認知 
サブタイトル(和) 絶対音感の神話を超えて 
タイトル(英) Absolute pitch and Cognition of music 
サブタイトル(英) Beyond myths of absolute pitch 
キーワード(1)(和/英) 絶対音感 / Absolute pitch  
キーワード(2)(和/英) 相対音感 / Relative pitch  
キーワード(3)(和/英) 音楽認知 / Music cognition  
キーワード(4)(和/英) 国際比較 / Cross-cultural comparison  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 謙一 / Kenichi Miyazaki / ミヤザキ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-01 16:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2018-53 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.437 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2019-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会