電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-01 10:15
プロポーショナルフェアネス規範に基づくユーザ接続・セル間干渉制御同時最適化適用時における複数ピコ基地局が存在する場合の特性評価
田渕翔也數本祟晃金平勇作三木信彦香川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スモールセル環境においてスループットを向上するためには,高周波数の利用と小型基地局をマクロ基地局に重畳するスモールセル環境が重要である.
本報告では,小型基地局としてピコ基地局を用いる場合について,ピコ基地局が異なる周波数帯を用いる場合について評価する.
その際,ユーザ接続・セル間干渉制御が重要となるため,プロポーショナルフェアネス規範に基づく同時最適化を適用する.
高周波数における周波数・周波数帯域幅の影響について計算機シミュレーションにより評価する. 
(英) To support the continuing growth in the amount of mobile cellular traffic, small cell deployments represent a promising option.
In small cell deployments, the combined usage of user association and inter-cell interference coordination (ICIC) is inevitable.
This paper investigates user association and radio resource allocation combined with ICIC in small cell deployments using multiple frequency bands and multiple types of pico base stations.
キーワード (和) プロポーショナルフェアネス規範 / セル選択 / セル間干渉制御 / / / / /  
(英) Proportional fair criteria / Cell selection / Inter-cell Interference Coordination / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 435, RCS2018-262, pp. 115-119, 2019年1月.
資料番号 RCS2018-262 
発行日 2019-01-24 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プロポーショナルフェアネス規範に基づくユーザ接続・セル間干渉制御同時最適化適用時における複数ピコ基地局が存在する場合の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation Employing Joint Optimization of User Association and ICIC Based on Proportional Fair Criteria in Multiple Pico Base Stations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロポーショナルフェアネス規範 / Proportional fair criteria  
キーワード(2)(和/英) セル選択 / Cell selection  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉制御 / Inter-cell Interference Coordination  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田渕 翔也 / Shoya Tabuchi / タブチ ショウヤ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 數本 祟晃 / Takaaki Kazumoto / カズモト タカアキ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金平 勇作 / Yusaku Kanehira / カネヒラ ユウサク
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-01 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2018-55,IEICE-SIP2018-85,IEICE-RCS2018-262 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.433(IT), no.434(SIP), no.435(RCS) 
ページ範囲 pp.115-119 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2019-01-24,IEICE-SIP-2019-01-24,IEICE-RCS-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会