お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-01 10:50
ウェアラブル心電計を用いたトレッドミル運動中の心拍変動 ~ Potentials of Unbalanced Complex Kinetics解析による検討 ~
ヌロシダー アフィファー伊賀崎伴彦山川俊貴熊本大MBE2018-75
抄録 (和) 心拍変動は自律神経系活動のマーカーであり,R-R間隔の変動を観察することによって評価される.以前の研究で,われわれは自律神経活動を評価するための新しい指標として,「Potentials of Unbalanced Complex Kinetics」(PUCK)を提案した.しかし,それは安静状態(仰臥位,座位,立位)でのみ行われた.したがって,本研究では,ウェアラブル心電計を使用してトレッドミル運動中のHRVを測定し,PUCK指標(Slope,SSD1,SSD2)が自律神経活動を有効に表しているかどうかを調べた.その結果,Slopeは仰臥位から立位までは増加したが,走行段階中は劇的に減少した.SSD1とSSD2は座位から立位までと走行段階中に急激に減少した.安静時のSlopeの増加については以前のわれわれの研究の結果と同様であり,Slopeが交感神経系の活動を示すと思われたが,走行段階中のSlopeの減少については,さらなる検討が必要である.一方,座位から立位と走行段階中のSSD1およびSSD2の減少についても以前のわれわれの研究の結果と同様であり,SSD1およびSSD2が副交感神経系の活動を示すと考えられる.したがって,PUCK指標は心臓自律神経系活動のマーカーとして可能性があることが示唆される.
キーワード ポテンシャル・フォース・ダイナミクス,心拍変動,自律神経系. 
(英) Heart rate variability (HRV) is a marker of autonomic nervous system (ANS) activity and evaluated by observing R-R interval variations. Our previous study has proposed the "Potentials of Unbalanced Complex Kinetics" (PUCK) as a new index to evaluate the ANS activity. However, it was conducted only in the resting state (sitting, sitting, and standing positions). Therefore, in this study, we measured HRV during treadmill exercise using wearable electrocardiograph then examined whether PUCK indices represent ANS activity validly. As a result, Slope increased from supine to standing position but decreased dramatically during the running stages. SSD1 and SSD2 decreased steeply from sitting to standing position and during running stages. The increase of Slope at resting state showed similar results to our previous study. It was considered that Slope would indicate sympathetic nervous system activities, but further discussion is needed about the decrease of Slope during running stages. In contrary, the decrease of SSD 1 and SSD 2 from standing to sitting position and running stages also showed similar results to our previous study. It is considered that SSD1 and SSD2 would indicate parasympathetic nervous system activities. Therefore, it is suggested that the PUCK indices can be used as markers of cardiac autonomic nervous system activity.
キーワード (和) ポテンシャル・フォース・ダイナミクス / 心拍変動 / 自律神経系 / / / / /  
(英) potential force dynamics / heart rate variability / autonomic nervous system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 436, MBE2018-75, pp. 91-96, 2019年1月.
資料番号 MBE2018-75 
発行日 2019-01-24 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2018-75

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-01-MBE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ウェアラブル心電計を用いたトレッドミル運動中の心拍変動 
サブタイトル(和) Potentials of Unbalanced Complex Kinetics解析による検討 
タイトル(英) Heart Rate Variability During Treadmill Exercise Using Wearable Electrocardiograph 
サブタイトル(英) Examination by Potentials of Unbalanced Complex Kinetics Analysis 
キーワード(1)(和/英) ポテンシャル・フォース・ダイナミクス / potential force dynamics  
キーワード(2)(和/英) 心拍変動 / heart rate variability  
キーワード(3)(和/英) 自律神経系 / autonomic nervous system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ヌロシダー アフィファー / Afifah Nurrosyidah / ヌロシダー アフィファー
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊賀崎 伴彦 / Tomohiko Igasaki / イガサキ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山川 俊貴 / Toshitaka Yamakawa / ヤマカワ トシタカ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-01 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-75 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会