電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 12:55
LMIを用いた状態空間デジタルフィルタのL2感度最小化
石原弘基大野修一広島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 線形時不変システムの状態空間表現で与えられたシステムを実現する際に係数の丸め誤差によりシステムが変わってしまう場合がある.したがって,実現する際のシステムの変化量を示す係数感度を最小化することが必要であり,変化量を表す1つの指標としてL2感度がある.本稿ではL2感度の最小化問題について考える.まず,L2感度について行列変換を行い,次にLMIを用いて解析中心を導出し,中心化反復アルゴリズムを使いL2感度最小化を行っている. 
(英) In implementing a system given by a state space representation of a linear time invariant system, the system may change due to the rounding error of the coefficients. Therefore, it is necessary to minimize the coefficient sensitivity indicating the amount of change of the system to be realized, and L2-sensitivity is one performance index representing the change amount. In this paper, we consider the problem of minimizing the L2-sensitivity.
First, matrix transformation is performed for L2-sensitivity. Next, we derive the analysis center by using LMI and minimize L2 sensitivity using the centering iteration algorithm.
キーワード (和) L2感度 / 状態空間デジタルフィルタ / 解析中心 / 中心化反復アルゴリズム / / / /  
(英) L2-sensitivity / state-space digital filters / analytic center / centering iteration algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 434, SIP2018-76, pp. 67-70, 2019年1月.
資料番号 SIP2018-76 
発行日 2019-01-24 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2019-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LMIを用いた状態空間デジタルフィルタのL2感度最小化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Minimization of L2-Sensitivity for State-Space using LMI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) L2感度 / L2-sensitivity  
キーワード(2)(和/英) 状態空間デジタルフィルタ / state-space digital filters  
キーワード(3)(和/英) 解析中心 / analytic center  
キーワード(4)(和/英) 中心化反復アルゴリズム / centering iteration algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 弘基 / Hiroki Ishihara / イシハラ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 修一 / Shuichi Ohno / オオノ シュウイチ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-IT2018-46,IEICE-SIP2018-76,IEICE-RCS2018-253 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.433(IT), no.434(SIP), no.435(RCS) 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2019-01-24,IEICE-SIP-2019-01-24,IEICE-RCS-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会