電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 10:15
スパースチャネル推定を用いたOFDM通信における正則化パラメータの一検討
川原健太名取隆廣東京理科大)・吉田 嵩都立産技高専)・中村 聡伊丹 誠相川直幸東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,信号のスパース性を用いた逆問題の一解法であるスパース推定が注目されている.OFDM通信におけるスパースチャネル推定に用いられる最適な正則化パラメータは,雑音の大きさや伝搬環境によって変化する.しかし,現在提案されている手法では,平均BER特性が最良になる正則化パラメータを実験的に探索し,決定している.そこで本稿では,提案されている適応的に正則化パラメータを決定しスパースチャネル推定可能な手法を,OFDMシステムに適するように拡張した.計算機シミュレーションを行い,チャネルインパルス応答がスパース性を有する条件下において,提案法が従来法と同等の推定精度を実現していることを示す. 
(英) In recent years, sparse estimation using signal sparsity, which is one solution to the inverse problem, attracts attention.The optimal regularization parameter used for sparse channel estimation in OFDM communication varies depending on the magnitude of the noise and the propagation environment.However, the currently proposed method experimentally searches and determines the regularization parameter that makes the average BER characteristic the best.In this paper, we used a method to adaptively determine regularization parameters.
By computer simulation, we show that the proposed method realizes the same estimation accuracy as the conventional method.
キーワード (和) スキャッタード・パイロットOFDM / l1正則化 / スパースチャネル推定 / / / / /  
(英) scattered-pilot OFDM / l1 regularization / sparse channel estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 435, RCS2018-245, pp. 19-24, 2019年1月.
資料番号 RCS2018-245 
発行日 2019-01-24 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スパースチャネル推定を用いたOFDM通信における正則化パラメータの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Regularization Parameter in OFDM Communication Using Sparse Channel Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スキャッタード・パイロットOFDM / scattered-pilot OFDM  
キーワード(2)(和/英) l1正則化 / l1 regularization  
キーワード(3)(和/英) スパースチャネル推定 / sparse channel estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 健太 / Kenta Kawahara / カワハラ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学大学院 (略称: 東京理科大)
Graduate school, Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 名取 隆廣 / Takahiro Natori / ナトリ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 嵩 / Takashi Yoshida / ヨシダ タカシ
第3著者 所属(和/英) 都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡 / Akira Nakamura / ナカムラ アキラ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 直幸 / Naoyuki Aikawa / アイカワ ナオユキ
第6著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2018-38,IEICE-SIP2018-68,IEICE-RCS2018-245 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.433(IT), no.434(SIP), no.435(RCS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-01-24,IEICE-SIP-2019-01-24,IEICE-RCS-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会