電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 10:40
NRの同期信号を用いる周波数オフセット推定・補償を行ったときのセルID検出確率特性
太田恭吾志村 彩佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,New Radio (NR)の同期信号を用いた周波数オフセット推定・補償を行った場合の物理セルID (PCID: Physical-layer Cell Identity)検出確率特性を計算機シミュレーションにより評価する.第1同期信号(PSS: Primary Synchronization Signal)系列の相互相関,及び自己相関検出を用いた場合のPSS検出確率,及びPCID検出確率特性を比較評価する.計算機シミュレーション結果より,最大周波数オフセット$Delta f$が12 kHz程度までの範囲において,PSS系列の相互相関検出法は,平均受信Signal-to-Noise power Ratio (SNR)が約0 dB以上の領域では,自己相関検出法に比較してPSS検出確率は劣化するものの,自己相関検出法に比較して高いPCID検出確率を実現できることを示す.また,$N_{Rx} = 2$アンテナの受信ダイバーシチを用いたとき,ユーザ端末の基準発振器の周波数誤差が$varepsilon = 1$ ppmの場合には,平均受信SNRが0及び10 dBのとき,キャリア周波数がそれぞれ18及び14 GHz程度までの領域では相互相関検出法が,それよりも高い場合には自己相関検出法が高いPCID検出確率を実現できることを示す. 
(英) This paper presents physical-layer cell identity (PCID) detection probability using frequency offset estimation and compensation for 5th generation (5G) new radio (NR). We compare the detection probabilities of primary synchronization signal (PSS) and PCID by using the cross-correlation and auto-correlation based detection methods for estimating the PSS received timing, PSS sequence, and frequency offset. Computer simulation results show that the cross-correlation based detection method achieves the higher PCID detection probability compared to the auto-correlation based detection method for the maximum frequency offset less than approximately 12 kHz. We also show that cross-correlation based detection method achieves the higher PCID detection probability compared to the auto-correlation based detection method for the carrier frequency of less than approximately 18 and 14 GHz in the average received SNR per receiver antenna of 0 and 10 dB, respectively, and otherwise the auto-correlation based detection method achieves the higher PCID detection probability than the cross-correlation based detection method, when the frequency error of a standard oscillator of user equipment is 1 ppm with 2-antenna receiver diversity.
キーワード (和) 物理セルID / 同期信号 / 5G NR / 周波数オフセット / 受信ダイバーシチ / / /  
(英) physical-layer cell ID / synchronization signal / 5G NR / frequency offset / receiver diversity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 435, RCS2018-246, pp. 25-30, 2019年1月.
資料番号 RCS2018-246 
発行日 2019-01-24 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NRの同期信号を用いる周波数オフセット推定・補償を行ったときのセルID検出確率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physical Cell ID Detection Probability with Frequency Offset Estimation and Compensation Using Synchronization Signals for NR Radio Interface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理セルID / physical-layer cell ID  
キーワード(2)(和/英) 同期信号 / synchronization signal  
キーワード(3)(和/英) 5G NR / 5G NR  
キーワード(4)(和/英) 周波数オフセット / frequency offset  
キーワード(5)(和/英) 受信ダイバーシチ / receiver diversity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 恭吾 / Kyogo Ota / オオタ キョウゴ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 志村 彩 / Aya Shimura / シムラ アヤ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 聡 / Satoshi Nagata / ナガタ サトシ
第4著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2018-39,IEICE-SIP2018-69,IEICE-RCS2018-246 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.433(IT), no.434(SIP), no.435(RCS) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-01-24,IEICE-SIP-2019-01-24,IEICE-RCS-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会