電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 15:15
[招待講演]秘密分散と物理層の信号処理により情報保護を強化した無線通信方式
山嵜彰一郎松嶋智子職能開発大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (k, n)しきい値法の秘密分散は,情報をn個のシェアと呼ばれる分散情報に分散させ,
k個以上のシェアを集めなければ,元の情報を再構成できないようにシェアを設定する
方式で,情報の紛失と漏洩を抑制することができる.
一方,保護のなされた情報を基地局から目標端末へ送信する無線通信において,
目標端末の受信条件を良好にし,目標端末以外の端末の受信条件を劣悪にする信号処理を
物理層で施すと,情報保護を強化することができる.
本稿では,これらの情報セキュリティの方式の基礎と,これらを無線パケット通信の情報保護に適用した構成例を示す. 
(英) (k, n) - threshold based secret sharing protects information securely.
The information is divided into n shares,
and the information is reconstructed from any k shares
but no knowledge of it is revealed from k-1 shares.
Signal processing in physical layer yields
a favorable receive condition at an authorized destination terminal
in wireless communications.
We explain the fundamentals of these schemes and approaches
to enhancing the security of wireless communications
based on secret sharing and signal processing in physical layer.
キーワード (和) 秘密分散 / 信号処理 / 物理層 / 無線通信のセキュリティ / / / /  
(英) secret sharing / signal processing / physical layer / security in wireless communications / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 433, IT2018-50, pp. 85-90, 2019年1月.
資料番号 IT2018-50 
発行日 2019-01-24 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 秘密分散と物理層の信号処理により情報保護を強化した無線通信方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Security Enhancement Approaches to Wireless Communications by Secret Sharing and Signal Processing in Physical Layer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密分散 / secret sharing  
キーワード(2)(和/英) 信号処理 / signal processing  
キーワード(3)(和/英) 物理層 / physical layer  
キーワード(4)(和/英) 無線通信のセキュリティ / security in wireless communications  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山嵜 彰一郎 / Shoichiro Yamasaki / ヤマサキ ショウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University of Japan (略称: PTU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 智子 / Tomoko K. Matsushima / マツシマ トモコ
第2著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University of Japan (略称: PTU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 15:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-50,IEICE-SIP2018-80,IEICE-RCS2018-257 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.433(IT), no.434(SIP), no.435(RCS) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-01-24,IEICE-SIP-2019-01-24,IEICE-RCS-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会