お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 12:40
DCアンプを利用した眼電図による意思伝達装置開発のための眼球運動特徴解析
馬場亮輔杉 剛直松田吉隆後藤 聡佐賀大)・江頭成人久留米高専)・大石文芽山崎貴男三野原病院/九大MBE2018-61
抄録 (和) 本論文は,眼電図信号により駆動するコミュニケーションシステム開発のため,DCアンプを用いて取得した眼電図の特徴を解析する.眼電図信号は顔に取り付けられた電極から取得され,DCアンプでコンピュータに取り込まれる.DCアンプによる測定信号は大きなバイアスとゆっくりドリフトする要素を含んでいる.したがって,それらの要素をPI制御による補償方法により低減する.その後,水平方向と垂直方向それぞれの,眼球運動特徴を解析した. 
(英) This paper analyzes the characteristics of the eye movements for developing a communication system driven by electrooculographic (EOG) signal using a DC amplifier. EOG signal is acquired from the electrodes attached to the face and is stored into the computer with a DC amplifier. Measurement signals by a DC amplifier includes the components due to large bias and slow drift. Therefore, those components are reduced by the compensation method using PI controller. Characteristics of both the horizontal and the vertical eye movements are then analyzed in detail.
キーワード (和) 意思伝達装置 / DCアンプ / 眼電図 / 眼球運動 / / / /  
(英) Communication system / DC amplifier / EOG / Eye movement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 436, MBE2018-61, pp. 17-20, 2019年1月.
資料番号 MBE2018-61 
発行日 2019-01-24 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2018-61

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DCアンプを利用した眼電図による意思伝達装置開発のための眼球運動特徴解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristic Analysis of Eye Movement for Developing Communication System by EOG using DC Amplifier 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 意思伝達装置 / Communication system  
キーワード(2)(和/英) DCアンプ / DC amplifier  
キーワード(3)(和/英) 眼電図 / EOG  
キーワード(4)(和/英) 眼球運動 / Eye movement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 亮輔 / Ryosuke Baba / ババ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉 剛直 / Takenao Sugi / スギ タケナオ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 吉隆 / Yoshitaka Matsuda / マツダ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 聡 / Satoru Goto / ゴトウ サトル
第4著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 江頭 成人 / Naruto Egashira / エガシラ ナルト
第5著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
National Institute of Technology, Kurume College (略称: National Institute of Technology, Kurume College)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 文芽 / Ayame Oishi / オオイシ アヤメ
第6著者 所属(和/英) 三野原病院/九州大学大学院医学研究院 (略称: 三野原病院/九大)
Minohara Hospital/Clinical Neurophysiology, Kyushu University (略称: Minohara Hospital/Clinical Neurophysiology, Kyushu University)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 貴男 / Takao Yamasaki / ヤマサキ タカオ
第7著者 所属(和/英) 三野原病院/九州大学大学院医学研究院 (略称: 三野原病院/九大)
Minohara Hospital/Clinical Neurophysiology, Kyushu University (略称: Minohara Hospital/Clinical Neurophysiology, Kyushu University)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 12:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-61 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会