電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 09:55
FPGA NICを用いたEffectively-onceセマンティクスのための重複除去機構
鈴木滉司三塚皐矢岩田拓真松谷宏紀慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ストリーム処理やメッセージ配送システムにおける処理保証は
at-most-once、at-least-once、exactly-onceに大別できる。
送信側にat-least-onceによる再送機能を要求しつつ、受信側にて何らかの方
法で処理の重複除去を行い、事実上のexactly-onceとするアプローチを
effectively-onceと呼ぶことがある。
ストリームデータの増大や高効率化への要求から、ストリーム処理やメッセー
ジキューをFPGA(Field Programmable Gate Array)ベースのNIC(Network
Interface Card)上に実現する研究が多数報告されているが、そのようなシス
テムでは処理保証もFPGA NIC内で実現する必要がある。
本論文ではFPGA NIC内に重複排除のためのハッシュテーブルを専用回路として
実現し、一度処理したデータをハッシュテーブルに登録することで、同じデー
タが再送されたとしても、それを検出し、重複データを排除する。
この方式であれば、冪等はない処理に対してもeffectively-onceをNICを通過
する際に実現できる。
FPGA NICを用いた実機評価の結果、無視できるほど小さい性能オーバヘッドで
FPGA NIC内で重複除去できることを示した。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ストリーム処理 / 重複除去 / FPGA NIC / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 431, CPSY2018-93, pp. 65-70, 2019年1月.
資料番号 CPSY2018-93 
発行日 2019-01-23 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IPSJ-SLDM RECONF VLD CPSY IPSJ-ARC  
開催期間 2019-01-30 - 2019-01-31 
開催地(和) 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Raiosha, Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2019-01-SLDM-RECONF-VLD-CPSY-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGA NICを用いたEffectively-onceセマンティクスのための重複除去機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Deduplication Mechanism for Effectively-once Semantics Using FPGA NIC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ストリーム処理 /  
キーワード(2)(和/英) 重複除去 /  
キーワード(3)(和/英) FPGA NIC /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 滉司 / Koji Suzuki / スズキ コウジ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三塚 皐矢 / Koya Mitsuzuka / ミツヅカ コウヤ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 拓真 / Takuma Iwata / イワタ タクマ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2018-83,IEICE-CPSY2018-93,IEICE-RECONF2018-57 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.430(VLD), no.431(CPSY), no.432(RECONF) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2019-01-23,IEICE-CPSY-2019-01-23,IEICE-RECONF-2019-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会