電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-31 17:45
内皮細胞と平滑筋細胞を統合した血管マルチスケールモデルの構築
塚本 白神山斉己愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 動脈硬化症の初期段階では血管内皮機能が低下することが知られており,内皮機能の一つである一酸化窒素(NO)の産生は循環系の恒常性を維持する重要な役割を果たしている.現在,内皮機能を評価する手法としてFMD(Flow-Mediated Dilation)検査があり,FMDは血流刺激に対して内皮細胞がNOを産生し,その後平滑筋細胞の生理学的作用により血管壁の機械的構造が変化するために引き起こされる.しかし,内皮細胞と平滑筋細胞がFMDに及ぼす影響として,その信号伝達経路の複雑さから未だ不明な点が多い.本研究では,内皮細胞と平滑筋細胞のモデルを統合し,ずり応力から血管壁動態まで一連の反応をシミュレーション可能なモデルを構築する.また,FMD検査時の実験データと比較することでその妥当性を評価する. 
(英) It is known that the vascular endothelial function is impaired in early stages of atherosclerosis.
Shear stress-induced endothelial nitric oxide (NO) production plays a key role in maintaining normal vascular homeostasis. The flow-mediated dilation (FMD) test is used to assess endothelial function. FMD is induced in response to changes in the mechanical structure by the vascular endothelial and smooth muscle cells. However, the details of the response are not still clear because the path of signal transduction is highly complicated. In this study, we propose an mathematical model that integrates endothelial and smooth muscle cells. We also evaluate the model by comparing with the measured data in FMD test.
キーワード (和) 動脈硬化 / 内皮細胞 / 平滑筋細胞 / 数理モデル / / / /  
(英) Atherosclerosis / Endothelial Cells / Smooth Muscle Cells / Mathematical Model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 436, MBE2018-72, pp. 75-78, 2019年1月.
資料番号 MBE2018-72 
発行日 2019-01-24 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2019-01-31 - 2019-02-01 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 内皮細胞と平滑筋細胞を統合した血管マルチスケールモデルの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-scale Modeling of the Vascular Endothelial and Smooth Muscle Cells 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動脈硬化 / Atherosclerosis  
キーワード(2)(和/英) 内皮細胞 / Endothelial Cells  
キーワード(3)(和/英) 平滑筋細胞 / Smooth Muscle Cells  
キーワード(4)(和/英) 数理モデル / Mathematical Model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 白 / Akira Tsukamoto / ツカモト アキラ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神山 斉己 / Yoshimi Kamiyama / カミヤマ ヨシミ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-31 17:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.75-78 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2019-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会