電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-29 14:25
[ポスター講演]IEEE 802.11p EDCA無線ネットワークにおけるCW値が与えるネットワーク特性への影響および解析手法の提案
伊熊真太郎グエン キエン関屋大雄千葉大
抄録 (和) 車車間通信や路車間通信の通信規格であるIEEE 802.11p Enhanced Distributed Channel Access (EDCA)を対象に数多くのスループット解析が構築されている. しかしながら, Contention Window (CW) 値が小さく設定されているIEEE 802.11pパラメータを用いるとき, 従来手法による理論値はシミュレーション結果と比較して誤差が生じている.特に, 飽和状態におけるスループットと飽和点にそれぞれ大きな誤差がある.本論文では, 従来研究の誤差原因として見出した動作と解析式について述べる.具体的に, 飽和スループットの誤差原因となる動作を見出し, 新たなモデルを提案した文献について紹介する.また, 飽和点の誤差原因としてフレーム衝突確率の不正確さを指摘し, 新たな解析モデルを提案する.加えて, 紹介する解析モデルと本論文で提案する解析モデルを組み合わせることで, ネットワーク特性を精度良く表現できることを示す. 
(英) Many throughput analyses of IEEE 802.11p Enhanced Distributed Channel Access (EDCA), which is standardization for vehi-cle-to-vehicle and road-to-vehicle communications, have been established. However, the previous analytical predictions using IEEE 802.11p system parameters differ from those of simulations. In particular, there is a large error in the saturated throughput and the saturation point. The purpose of this paper is to explain the reason why the differences appear in the previous model and propose modified model. The validity of the proposed models is confirmed by the quantitative agreements between analytical predictions and simulation results.
キーワード (和) IEEE 802.11p / EDCA / スループット解析 / Contention Window / / / /  
(英) IEEE 802.11p / EDCA / throughput analyses / Contention Window / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 428, ASN2018-96, pp. 95-100, 2019年1月.
資料番号 ASN2018-96 
発行日 2019-01-21 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2019-01-28 - 2019-01-29 
開催地(和) 休暇村 指宿 
開催地(英) Kyuukamura Ibusuki 
テーマ(和) 知的環境,センサネットワーク,ポスターセッション,及び,一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, Sensor networks, Poster session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2019-01-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE 802.11p EDCA無線ネットワークにおけるCW値が与えるネットワーク特性への影響および解析手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Influence on Network Characteristics by CW Value and Proposal of Analytical Expression in the IEEE 802.11p EDCA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11p / IEEE 802.11p  
キーワード(2)(和/英) EDCA / EDCA  
キーワード(3)(和/英) スループット解析 / throughput analyses  
キーワード(4)(和/英) Contention Window / Contention Window  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊熊 真太郎 / Shintaro Ikuma / イクマ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) グエン キエン / Kien Nguyen / グエン キエン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関屋 大雄 / Hiroo Sekiya / セキヤ ヒロオ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-29 14:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2018-96 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.428 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2019-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会