電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-29 09:00
マイクを用いた車両検出システムにおける環境ノイズ削減手法の提案
李 承諭石田繁巳久保一雄内野雅人九大)・田頭茂明関西大)・福田 晃九大
抄録 (和) ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)において,道路を走行する車両を検出することは重要なタスクの1つである.交通量の少ない道路に対応した車両検出の実現を目指して,筆者らはマイクロフォンを用いた車両検出システムの開発を進めている.本システムは音声がマイクロフォンに到達する時間差を相互相関を用いて算出することで低コストかつ高精度で車両を検出できることが確認されているが,雨などの環境ノイズの影響によって検出精度が低下するという問題がある.本稿では環境ノイズの影響を低減する手法を提案する.車両がない時の音声をノイズとして,その周波数成分の絶対値を原音声信号に加えることによりノイズが相互相関に与える影響を削減する.九州大学伊都キャンパス内の片側1車線道路で提案手法の実証評価を行い,車両検出システムの未検出が減少し,雨及び強雨環境下で検出精度がそれぞれ4ポイント及び13ポイント向上することを確認した. 
(英) In the ITS (Intelligent Transport Systems), detecting vehicles running on a road is one of the most important tasks. To detect vehicles running on a road with low traffic volume, we are developing a vehicle detector using stereo microphones. By calculating the time difference of arrival of vehicle sound signals on two microphones with cross-correlation, this system successfully detects vehicles with high accuracy at a low cost. However the accuracy of the detector is affected by environmental noise such as rain noise. This paper presents a de-noising method which can be used on the acoustic vehicle detector. We capture sound signals when no vehicle is passing and add the absolute values of frequency components of the sound signals to reduce the influence of noise in cross-correlation. To demonstrate the effectiveness of the proposed method, we conducted experimental evaluation in Kyushu University campus. The experimental evaluation demonstrated that the proposed method reduced the number of undetected vehicles and improved vehicle detection accuracy in raining and heavy raining conditions by 4 and 13 points, respectively.
キーワード (和) 車両検出 / 音響センシング / ノイズ削減 / / / / /  
(英) vehicle detection / acoustic sensing / noise reduction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 428, ASN2018-85, pp. 35-40, 2019年1月.
資料番号 ASN2018-85 
発行日 2019-01-21 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2019-01-28 - 2019-01-29 
開催地(和) 休暇村 指宿 
開催地(英) Kyuukamura Ibusuki 
テーマ(和) 知的環境,センサネットワーク,ポスターセッション,及び,一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, Sensor networks, Poster session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2019-01-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクを用いた車両検出システムにおける環境ノイズ削減手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Noise Suppression Method for Acoustic Vehicle Detector 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車両検出 / vehicle detection  
キーワード(2)(和/英) 音響センシング / acoustic sensing  
キーワード(3)(和/英) ノイズ削減 / noise reduction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 承諭 / Chengyu Li / リ ショウユ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 繁巳 / Shigemi Ishida / イシダ シゲミ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 一雄 / Kazuo Kubo / クボ カズオ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内野 雅人 / Masato Uchino / ウチノ マサト
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田頭 茂明 / Shigeaki Tagashira / タガシラ シゲアキ
第5著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 晃 / Akira Fukuda / フクダ アキラ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-29 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2018-85 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.428 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2019-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会