電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-28 15:15
無線小型センサノードとクラウド基盤による睡眠時の状態推定システム
安達 廉岩井将行東京電機大
抄録 (和) 睡眠時無呼吸症候群の検知やベッドからの落下など睡眠時に起こる事故や疾病を未然に防ぐためにも睡眠時の状態監視は必要である. 従来では睡眠時の状態監視にはPSG装置が用いられてきたが, 近年では小型センサやウェアラブルデバイスによる状態監視アプリケーションが続々と登場し, より継続的かつ容易に監視が行うことが可能となっている. しかし, こういったアプリケーションは開発した企業ごとにデータの取得方法や睡眠状態の分析手法が異なる上, 使用している手法や精度に関する情報が秘匿化されているという問題がある. また, 小型センサを用いた睡眠状態推定手法は使用するセンサが限定されている他, 被験者の年齢層や身体的特徴に偏りがある中での研究が大部分を占めているため, 手法の再現や比較が困難である. そこで本研究では, 多様な小型センサを使用した睡眠分析手法を統合的に分析, 比較が行うことが可能なシステムについて検討し, システムの開発を行った. 
(英) Sleep state monitoring is necessary to prevent accidents and diseases caused by sleeping, such as detection of sleep apnea syndrome or falling out of bed. Conventionally, a PSG device has been used for state monitoring during sleeping, but in recent years condition monitoring applications using small sensors and wearable devices have appeared one after another, so that it becomes possible to monitor more continuously and easily There. However, these applications have different data acquisition methods and sleep state analysis methods for each company developed, and there is a problem that information on the methods and accuracy used is concealed. In addition, in addition to the sensors being used, the sleep state estimation method using a small sensor is limited, and research is conducted in the presence of bias in the age group and the physical characteristics of the subject, so that reproduction of the method And comparison is difficult. Therefore, in this study, we examined a system that can comprehensively analyze and compare sleep analysis methods using various small sensors, and developed a system.
キーワード (和) 睡眠 / モニタリング / IoT / / / / /  
(英) Sleep / Monitoring / IoT / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 428, ASN2018-81, pp. 19-22, 2019年1月.
資料番号 ASN2018-81 
発行日 2019-01-21 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2019-01-28 - 2019-01-29 
開催地(和) 休暇村 指宿 
開催地(英) Kyuukamura Ibusuki 
テーマ(和) 知的環境,センサネットワーク,ポスターセッション,及び,一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, Sensor networks, Poster session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2019-01-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線小型センサノードとクラウド基盤による睡眠時の状態推定システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) State estimation system during sleeping by wireless small sensor node and cloud infrastructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 睡眠 / Sleep  
キーワード(2)(和/英) モニタリング / Monitoring  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 廉 / Ren Adachi / アダチ レン
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 将行 / Masayuki Iwai / イワイ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-28 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2018-81 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.428 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ASN-2019-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会