電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-26 11:45
フレームワークの簡素化のためのホットスポットの統合手法
小野那緒人早大)・小野康一日本IBM)・深澤良彰早大KBSE2018-47
抄録 (和) フレームワークは,その利用者であるアプリケーションソフトウェア開発者からの要求変更や利用後のフィードバックを受けて,適宜,版改訂される.将来を見通した上での適切な改訂になるようにフレームワーク設計者が十分な分析時間と再設計コストを払うことができるならばフレームワークによい洗練を施すことができるが,現実の開発現場で内製フレームワークを設計・利用しているケースでは,コストやリリース時期の制約によって場当たり的な改訂がしばしば生じる.このような改訂が恒常的に繰り返されると,ホットスポットとフローズンスポットは細かく断片化され,複雑で理解容易性が悪化してアプリケーションソフトウェアの開発期間・コストを増大させる上に誤りを混入しやすいものになってしまい,再利用ソフトウェアとしての価値が著しく低下することになる.本論文では,断片化したホットスポット群を一定の基準で一つのホットスポットに統合しなおしてフレームワークを再構成し,複雑さの低減を図る手法を提案する.手法の機械的手順を示した上で例示により説明し,簡単な例で評価した. 
(英) Frameworks will be revised as necessary according to feedback and change requests from users as application software developers. Architects can sophisticate their frameworks when they have enough time and budget to analyze and re-design for appropriate revisions with adequate vision about future uses. However, at the case of actual software development with proprietary in-house frameworks, ad hoc changes are frequently caused by insufficient budget and tight schedule about release of target application software. If framework architects revise their frameworks with ad hoc changes many times constantly, hot-spots and frozen-spots of frameworks are fragmented deeply and the become complicated. It causes degradation of software understandability about them, and thus, it increases development periods and costs of application software, and it decreases software quality so that application software developers easily make defects. As the result, values of their frameworks as reusable software assets would be reduced to significant degrees. In this paper, a method to reconstruct frameworks by consolidating fragmented hot-spots are proposed. The method can simplify the complicated frameworks by the consolidation. A procedure of the proposed method is defined, and the evaluation with simple examples is argued.
キーワード (和) フレームワーク / ホットスポット / ソフトウェア再構成 / ソフトウェア理解容易性 / / / /  
(英) application framework / hot spot / software consolidation / software understandability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 425, KBSE2018-47, pp. 25-30, 2019年1月.
資料番号 KBSE2018-47 
発行日 2019-01-19 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2018-47

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2019-01-26 - 2019-01-26 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英) NII 
テーマ(和) 一般,学生セッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2019-01-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フレームワークの簡素化のためのホットスポットの統合手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A hot-spot consolidation method for simplifying frameworks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フレームワーク / application framework  
キーワード(2)(和/英) ホットスポット / hot spot  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア再構成 / software consolidation  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア理解容易性 / software understandability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 那緒人 / Naoto Kono / コノ ナオト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 康一 / Kouichi Ono / オノ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 (略称: 日本IBM)
IBM Research - Tokyo (略称: IBM TRL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 深澤 良彰 / Yoshiaki Fukazawa / フカザワ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-26 11:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2018-47 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.425 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2019-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会