電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 16:50
改良Vivaldiを用いた,ノード追加にロバストな無線アドホックネットワークにおける位置推定手法の提案と評価
奥山隆史林 隆史新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,端末(ノード)の位置情報を利用した様々なサービスが展開されている.
端末の位置を推定する手法として主にGPSが利用されているが,
屋内や地下での利用が困難であるという問題がある.
この問題を解決するために様々な手法が提案されているが,有効な手法は存在していない.
また,既存手法では新たにノードを追加したとき,
既存ノードの位置推定精度に与える影響についての考慮も十分ではない.

本研究では,ネットワークトポロジを推定する手法の一つであるVivaldiを改良し,
無線アドホックネットワークにおけるノード追加にロバストな位置推定手法を提案する.
さらに,シミュレーションによって提案手法と従来手法の位置推定精度,
ノード追加時に既存ノードの位置推定精度へ与える影響について評価する. 
(英) Currently, various services using the location information of the terminal (node) are deployed.
Although GPS is mainly used as a method for estimating the position of terminals,
there exists a problem that it is difficult to use GPS indoors and underground.
Wide variety of methods have been proposed to solve this problem, but de facto standard methods do not exist yet.
Furthermore, in the other methods,
It does not take into consideration the influence on the position which estimation accuracy of the existing node when a new node is added.

In this research, we improved Vivaldi, which is one of the methods to estimate the network topology,
and proposed a wireless ad hoc networks location estimation method robust for addition of nodes.
In addition, we evaluated the position estimation accuracy of the proposed method and
the existing methods and the influence on the position estimation accuracy of the existing node when adding the node by simulation.
キーワード (和) 位置推定 / Vivaldi / 無線アドホックネットワーク / / / / /  
(英) Localization / Vivaldi / Ad Hoc Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 424, IA2018-59, pp. 31-37, 2019年1月.
資料番号 IA2018-59 
発行日 2019-01-18 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2019-01-25 - 2019-01-25 
開催地(和) 首都大秋葉原サテライトキャンパス 
開催地(英) Tokyo Metropolitan Univ. Akihabara Satellite Campus 
テーマ(和) センサー ネットワーク, IoT, M2M, 一般 
テーマ(英) Senser Network, IoT, M2M, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2019-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 改良Vivaldiを用いた,ノード追加にロバストな無線アドホックネットワークにおける位置推定手法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Wireless Ad Hoc Networks Localization Method Robust for Addition of Nodes using Improved Vivaldi 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置推定 / Localization  
キーワード(2)(和/英) Vivaldi / Vivaldi  
キーワード(3)(和/英) 無線アドホックネットワーク / Ad Hoc Network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 隆史 / Takafumi Okuyama / オクヤマ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 隆史 / Takafumi Hayashi / ハヤシ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 16:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2018-59 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.31-37 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IA-2019-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会