お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 14:25
準天頂衛星みちびきを併用した測位実証実験 ~ L5単独測位とcm級補強測位MADOCA ~
浪江宏宗防衛大)・久保信明東京海洋大)・岡本 修茨城高専)・入江博樹熊本高専)・吉田将司サレジオ高専)・齊藤詠子海上技術安全研)・安田明生東京海洋大SANE2018-107
抄録 (和) 2017年に準天頂衛星みちびきが4機体制となり、
GPSと併用することによって、これまで不可能であった、
新しい民生用周波数L5を使用した測位が可能となる時間帯が出現してきた。
また、みちびきのL6周波数に重畳されたcm級測位補強サービスを利用し、
高精度測位も行える環境が整ってきた。このような中で著者らは、
みちびきを併用した最新のL6補強・L5補完測位実証実験結果について報告する。 
(英) The authors are going to report Brief Experimental Studies on Satellite Positioning with Quasi-Zenith Satellite "Michibiki".
キーワード (和) 準天頂衛星システム / みちびき / L5 / L6 / GPS / 衛星測位 / /  
(英) QZSS / Michibiki / L5 / L6 / GPS / Satellite Positioning / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 418, SANE2018-107, pp. 99-103, 2019年1月.
資料番号 SANE2018-107 
発行日 2019-01-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2018-107

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準天頂衛星みちびきを併用した測位実証実験 
サブタイトル(和) L5単独測位とcm級補強測位MADOCA 
タイトル(英) Brief Experimental Studies on Satellite Positioning with Quasi-Zenith Satellite "Michibiki" 
サブタイトル(英) L5 Single Positioning and cm level positioning service MADOCA 
キーワード(1)(和/英) 準天頂衛星システム / QZSS  
キーワード(2)(和/英) みちびき / Michibiki  
キーワード(3)(和/英) L5 / L5  
キーワード(4)(和/英) L6 / L6  
キーワード(5)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(6)(和/英) 衛星測位 / Satellite Positioning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浪江 宏宗 / Hiromune Namie / ナミエ ヒロムネ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 信明 / Nobuaki Kubo / クボ ノブアキ
第2著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMSAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 修 / Osamu Okamoto / オカモト オサム
第3著者 所属(和/英) 茨城工業高等専門学校 (略称: 茨城高専)
National Institute of Technology, Ibaraki College (略称: Ibaraki NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 入江 博樹 / Hiroki Irie / イリエ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 熊本高等専門学校 (略称: 熊本高専)
National Institute of Technology, Kumamoto College (略称: Kumamoto NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 将司 / Masashi Yoshida / ヨシダ マサシ
第5著者 所属(和/英) サレジオ工業高等専門学校 (略称: サレジオ高専)
Salesian Polytechnic (略称: Salesio-SP)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 詠子 / Saito Eiko / サイトウ エイコ
第6著者 所属(和/英) 海上技術安全研究所 (略称: 海上技術安全研)
National Maritime Research Institute (略称: NMRI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 明生 / Akio Yasuda / ヤスダ アキオ
第7著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMSAT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-107 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.99-103 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会