電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 10:20
[招待講演]QoEとユーザコンテクスト適応型ネットワーク設計・制御について
松田崇弘首都大東京)・大田健紘日本工大)・久保亮吾慶大)・林 孝典広島工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) QoE (Quality of Experience) は,通信サービスに対するユーザの体感品質を表し,次世代通信システムにおける通信品質評価基準として注目を集めている.QoE 自体は,主観的な評価指標であるが,通信ネットワークの客観的な品質評価指標であるQoS (Quality of Service) と関連付けた客観品質評価モデルを構築することにより,QoEに基づくネットワーク設計・制御を実現できる.本稿では,QoE の主観評価,客観評価について解説し,ユーザの嗜好,心理状態,環境などのコンテクストを考慮したQoE に基づく新たなネットワーク設計・制御に向けた取り組みと待ち行列モデルに基づく基礎検討結果について紹介する. 
(英) QoE (Quality of Experience) is a metric for communication serivces that depends on users’ experience or satisfaction, and has attracted a lot of attention in future communication systems. In this article, we first explain subjective and objective assessment methods for QoE. While the subjective assemssment method is based on subjective test data directly collected from end-users, the objective assessment method estimates QoE from network characteristics such as delay, packet loss rate, troughput and user context such as users’ surrounding environments, background noise, age, etc. We next discuss user context-aware network design and control based on the objective assessment method, and show simulation results obtained by a simple queueing model in order to evaluate its basic performance.
キーワード (和) QoE / QoS / ユーザコンテクスト / 主観評価 / 客観評価 / ネットワーク設計 / ネットワーク制御 /  
(英) QoE / QoS / user context / subjective quality assessment / objective quality assessment / network design / network control /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 421, SR2018-111, pp. 91-96, 2019年1月.
資料番号 SR2018-111 
発行日 2019-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) コラッセふくしま(福島県福島市) 
開催地(英) Corasse, Fukushima city (Fukushima prefecture) 
テーマ(和) コグニティブ無線,機械学習応用,異種無線融合型ネットワーク,SDN,IoT,一般 
テーマ(英) cognitive radio, machine learning application, heterogeneous network, SDN, IoT etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QoEとユーザコンテクスト適応型ネットワーク設計・制御について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quality of Experience and User Context-Aware Network Design and Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) ユーザコンテクスト / user context  
キーワード(4)(和/英) 主観評価 / subjective quality assessment  
キーワード(5)(和/英) 客観評価 / objective quality assessment  
キーワード(6)(和/英) ネットワーク設計 / network design  
キーワード(7)(和/英) ネットワーク制御 / network control  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 健紘 / Kenko Ota / オオタ ケンコウ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 亮吾 / Ryogo Kubo / クボ リョウゴ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 孝典 / Takanori Hayashi / ハヤシ タカノリ
第4著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 10:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-111 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.421 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会