電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 17:05
衛星ネットワークにおける新しいリアルタイム通信方式
薄 優斗石井明日香内海哲史福島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,東日本大震災などの大規模災害が発生している.地震による通信インフラへの被害が出ており,輻輳による通信被害も起きている.災害時にも有効となる通信手段として衛星ネットワークがある.衛星ネットワークは広域性があり,衛星は宇宙の静止軌道上に存在するので災害時の影響を受けにくい.遅延の大きい衛星ネットワークにおいて高性能に機能する輻輳制御方式としてTCP Hyblaが用いられている.TCP Renoと親和性のあるリアルタイム通信方式としてTFRCがあるが,TFRCは衛星ネットワーク環境下ではTCP Hyblaに帯域を圧迫されてしまい十分に性能を発揮できない.本稿では,衛星ネットワーク環境でTCP Hyblaと共存する場合でも高性能に機能する新しいリアルタイム通信方式としてTFRC Hyblaを提案し,シミュレーションによる性能評価を行う. 
(英) In recent years, major disasters such as the Great East Japan Great Earthquake are occurring. Damage to the communication infrastructure due to the earthquake has occurred, communication damage also caused by congestion. There is a satellite network as a communication means effective even in the event of a disaster. Since the satellite network has wide area and the satellite exists on the stationary orbit of the universe, it is not easily affected by disasters. Large delay satellite network TCP Hybla is used as a congestion control scheme that functions at high performance. There is TFRC as a real-time communication method friendly with TCP Reno. However, TFRC cannot fully demonstrate performance with TCP Hybla under the satellite network environment because the bandwidth is compressed by TCP Hybla. In this paper, we propose TFRC Hybla as a new real-time communication scheme that functions with high performance even in co-existence with TCP Hybla in satellite network environment, and evaluate the performance by simulation.
キーワード (和) 衛星ネットワーク / リアルタイム通信 / TCP Hybla / TFRC Hybla / / / /  
(英) Satellite IP network / Real-time transport / TCP Hybla / TFRC Hybla / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 421, SR2018-120, pp. 149-155, 2019年1月.
資料番号 SR2018-120 
発行日 2019-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) コラッセふくしま(福島県福島市) 
開催地(英) Corasse, Fukushima city (Fukushima prefecture) 
テーマ(和) コグニティブ無線,機械学習応用,異種無線融合型ネットワーク,SDN,IoT,一般 
テーマ(英) cognitive radio, machine learning application, heterogeneous network, SDN, IoT etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星ネットワークにおける新しいリアルタイム通信方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Real-Time Transport Protocol for Satellite IP Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星ネットワーク / Satellite IP network  
キーワード(2)(和/英) リアルタイム通信 / Real-time transport  
キーワード(3)(和/英) TCP Hybla / TCP Hybla  
キーワード(4)(和/英) TFRC Hybla / TFRC Hybla  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薄 優斗 / Yuto Usuki / ウスキ ユウト
第1著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 明日香 / Asuka Ishii / イシイ アスカ
第2著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 哲史 / Satoshi Utsumi / ウツミ サトシ
第3著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-120 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.421 
ページ範囲 pp.149-155 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会