電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 10:35
しきい電圧のないホモジニアスおよびホメオトロピック配向液晶素子
山口留美子秋田大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ハイブリッド配向液晶(HAN)素子において,強/弱極角アンカリング力の組み合わせにより,しきい値なし,低電圧駆動,となる条件について数値解析的に検討を行った。HANセルにおける平行及び垂直配向膜のアンカリング力と液晶の弾性定数の関係より,液晶ダイレクタのセル内におけるダイレクタ分布を求めるとともに,電圧印加時の液晶再配向状態を算出した。水平配向のアンカリング力を無限大としたとき,垂直配向膜のアンカリング力がK11/dより低い場合は,ホモジニアス配向が得られ,この素子は通常のHAN素子と同様にしきい電圧をもたない。垂直配向膜のアンカリング力を無限大としたとき,水平配向のアンカリング力がK33/dより低い場合は,ホメオトロピック配向が得られる。両配向膜のアンカリング力を有限としたHANセルにおいては,臨界セル厚dcにおいてホモジニアス配向とした場合,アンカリング力を減少させていくと,しきい電圧がなく,かつ0.5 V以下で完全なホメオトロピック配向にすることも可能であることを示した。このような素子は,位相変調素子,またはゲストホスト素子において,その素子が持つ最大の位相差または透過率変化が得られることとなる。 
(英) Hybrid aligned nematic (HAN) cells were designed using strong and weak polar anchoring surfaces. LC director distributions between strong and weak anchoring substrates and LC reorientations by the voltage application were numerically analyzed with the parameter of anchoring strength. When the homeotropic anchoring strength is less than K11/d and another planar anchoring surface anchoring is infinite, the cell shows a homogeneous orientation state in the voltage off-state. The quasi homogeneous cell has no threshold as well as the HAN cell. The quasi homeotropic cell can be obtained by using strong homeotropic anchoring and weak planar anchoring less than K33/d. In addition, quasi homogeneous and homeotropic cells can be designed by using a finite anchoring substrate instead of the infinite anchoring substrate, which gives us a very low driving voltage less than 0.5 volts.
キーワード (和) ネマチック液晶 / ホモジニアス / ホメオトロピック / ハイブリッド配向 / 弱アンカリング力 / / /  
(英) nematic liquid crystal / homogeneous / homeotropic / hybrid aligned / weak anchoring / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 422, EID2018-15, pp. 105-108, 2019年1月.
資料番号 EID2018-15 
発行日 2019-01-17 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛会館 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2019-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) しきい電圧のないホモジニアスおよびホメオトロピック配向液晶素子 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Homogeneously and Homeotropically Aligned Liquid crystal Cells without Threshold Voltage 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネマチック液晶 / nematic liquid crystal  
キーワード(2)(和/英) ホモジニアス / homogeneous  
キーワード(3)(和/英) ホメオトロピック / homeotropic  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッド配向 / hybrid aligned  
キーワード(5)(和/英) 弱アンカリング力 / weak anchoring  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 留美子 / Rumiko Yamaguchi / ヤマグチ ルミコ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 10:35:00 
発表時間
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2018-15 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.105-108 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会