電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 10:20
[ポスター講演]近赤外Ca10(PO4)6(OH)2:Mn5+ナノ蛍光体におけるアニールによるMn5+付活の促進
竹内 遼石垣 雅財満祐太郎松原航平田中翔人大観光徳鳥取大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) これまで液相反応法により近赤外発光Ca10(PO4)6(OH)2:Mn5+ (HAp:Mn5+)ナノ粒子蛍光体の作製に成功した.しかし,ナノ試料の蛍光強度は固相反応法で作製したバルク試料に比べて極めて低い.本研究ではドラッグデリバリーシステム(DDS)に適用可能なサイズを維持したまま,アニールによる発光強度の向上を試みた.アニールされたナノ蛍光体は70 × 170 nmの柱状であった.アニールすることによりPLスペクトルは著しく増加し,その強度はバルク試料の約4倍となった. 
(英) Recently, we succeeded in synthesizing a near-infrared Ca10(PO4)6(OH)2:Mn5+ (HAp:Mn5+) nanophosphors by liquid phase reaction method. However, their photoluminescence (PL) intensity is still much lower compared with a bulk phosphor synthesized by solid phase reaction method. In this study, we have attempted to improve the PL intensity by annealing, while maintaining the nanophosphor size required for applying to drug delivery system (DDS). The annealed nanophosphor has a rod-shaped configuration, and the size is 70 × 170 nm. The PL spectrum is significantly increased by the annealing, and the intensity of the annealed nanophosphor is 4 times higher than that of the bulk phosphor.
キーワード (和) Mn5+ / Ca10(PO4)6(OH)2 / ナノ蛍光体 / NIR / 生体イメージング / / /  
(英) Mn5+ / Ca10(PO4)6(OH)2 / nanophosphor / NIR / bioimaging / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 422, EID2018-13, pp. 93-96, 2019年1月.
資料番号 EID2018-13 
発行日 2019-01-17 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛会館 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2019-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近赤外Ca10(PO4)6(OH)2:Mn5+ナノ蛍光体におけるアニールによるMn5+付活の促進 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Activation of Mn5+ centers by annealing in Ca10(PO4)6(OH)2:Mn5+ NIR nanophosphor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Mn5+ / Mn5+  
キーワード(2)(和/英) Ca10(PO4)6(OH)2 / Ca10(PO4)6(OH)2  
キーワード(3)(和/英) ナノ蛍光体 / nanophosphor  
キーワード(4)(和/英) NIR / NIR  
キーワード(5)(和/英) 生体イメージング / bioimaging  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 遼 / Ryo Takeuchi / タケウチ リョウ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 雅 / Tadashi Ishigaki / イシガキ タダシ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 財満 祐太郎 / Yutaro Zaima / ユウタロウ ザイマ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 航平 / Kouhei Matsubara / マツバラ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 翔人 / Shoto Tanaka / タナカ ショウト
第5著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大観 光徳 / Koutoku Ohmi / オオミ コウトク
第6著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 10:20:00 
発表時間
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2018-13 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会