電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 14:05
パケット流量に基づくネットワーク異常検出システムの開発
廉 政近堂 徹相原玲二広島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの複雑化によりネットワーク障害の特定が難しくなってきている.例えば,組織内におけるネットワーク内の機器の障害や人為的ミスによる配線ループ等によって発生するブロードキャストストームやマルチキャストストームは,ネットワーク全体のパフォーマンス低下や通信障害を引き起こす原因となる.本研究では,広く利用されるSNMPによるネットワークエッジでの情報収集と必要に応じたパケットレベルの情報採取を併用することで,ストーム発生源を段階的に特定する異常検知システムについて提案する. 
(英) Detection of network anomalies is becoming more difficult due to network complexity.For example,there are broadcast storms or multicast storms in which a large numbers of broadcast packets are transmitted due to wiring faults or human error in the deteriorate of network performance or cause transform errors.In this research,we propose an anomaly detection system that specifies storm sources by collecting information of network edge by widely used SNMP and collecting information of packet level according to need.
キーワード (和) SNMP / パケット流量 / 異常検出 / パケットキャプチャ / / / /  
(英) SNMP / packet flow / anomaly detection / packet capture / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 424, IA2018-54, pp. 1-6, 2019年1月.
資料番号 IA2018-54 
発行日 2019-01-18 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2019-01-25 - 2019-01-25 
開催地(和) 首都大秋葉原サテライトキャンパス 
開催地(英) Tokyo Metropolitan Univ. Akihabara Satellite Campus 
テーマ(和) センサー ネットワーク, IoT, M2M, 一般 
テーマ(英) Senser Network, IoT, M2M, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2019-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パケット流量に基づくネットワーク異常検出システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a network anomaly detection system based on packet flow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SNMP / SNMP  
キーワード(2)(和/英) パケット流量 / packet flow  
キーワード(3)(和/英) 異常検出 / anomaly detection  
キーワード(4)(和/英) パケットキャプチャ / packet capture  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廉 政 / Zheng Lian / レン セイ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近堂 徹 / Tohru Kondo / コンドウ トオル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 玲二 / Reiji Aibara /
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 14:05:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2018-54 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2019-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会