電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 16:15
時変通信環境における分散送信電力制御アルゴリズム
趙 成岩・○小蔵正輝杉本謙二奈良先端大
抄録 (和) 分散送信電力制御アルゴリズムの一つにFoschini-Miljanicアルゴリズムがある.このアルゴリズムにより,複数ある1対1通信は自立分散的に電力制御を行い,所望のSINRが達成される.しかしながらこのアルゴリズムは時間変化しない環境を仮定しているため,動的に変化する環境下での安定動作は保証されない.本講演では,通信環境が確率的に変動する状況におけるアルゴリズムの安定性を判定するための手法を提案する. 
(英) The Foschini-Miljanic algorithm allows multiple pairs of a transmitter and a receiver to dynamically tune their transmission powers to achieve desired values of SINR. However, since the characteristics of communication paths is assumed to be time-invariant, the stability of the algorithm is not guaranteed when the communication paths exhibit time-varying characteristics. In this talk, we propose an analytical methodology for determining the stability of the algorithm under stochastically time-varying communication environments.
キーワード (和) Foschini-Miljanicアルゴリズム / 非負システム / 切り替えシステム / / / / /  
(英) Foschini-Miljanic Algorithm / Positive systems / Switched systems / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 423, RCC2018-113, pp. 35-36, 2019年1月.
資料番号 RCC2018-113 
発行日 2019-01-18 (RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC  
開催期間 2019-01-25 - 2019-01-25 
開催地(和) 一般財団法人電力中央研究所 大手町会議室 
開催地(英) Central Research Institute of Electric Power Industry (Otemachi) 
テーマ(和) 高信頼制御通信, 一般 
テーマ(英) Reliable Communication and Control, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2019-01-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時変通信環境における分散送信電力制御アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed power control algorithm under time-varying communication environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Foschini-Miljanicアルゴリズム / Foschini-Miljanic Algorithm  
キーワード(2)(和/英) 非負システム / Positive systems  
キーワード(3)(和/英) 切り替えシステム / Switched systems  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 成岩 / Chengyan Zhao / チョウ セイガン
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小蔵 正輝 / Masaki Ogura / オグラ マサキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 謙二 / Kenji Sugimoto / スギモト ケンジ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-RCC2018-113 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.35-36 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCC-2019-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会