電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 14:50
航空機搭載Circular SAR画像による偏波および角度特性の取得
渡邉卓磨富士通)・山田寛喜山崎 遼新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Circular SAR(CSAR)とは,観測領域を取り囲む円形軌道を飛行する航空機により,円形軌道の中心にアンテナビームを指向して観測を行う合成開口レーダ(Synthetic Aperture Radar: SAR)である.CSARではターゲットを全方位からレーダ照射するため,直線軌道で観測を行う通常のSARと比較してレーダシャドウの影響を低減可能であり,また高分解能な画像が得られるという利点がある.本稿では,CSAR画像をFourier変換したスペクトラム領域画像にレーダポラリメトリの一手法であるモデル分解アルゴリズムを適用することで,CSAR画像中のターゲットの方位角依存性と散乱メカニズムを抽出可能なことを,航空機搭載CSARによる実測画像を用いて示す. 
(英) Circular SAR (CSAR) is a synthetic aperture imaging technique which employs a circular flight trajectory of the radar-carrying aircraft. The CSAR system maintains its antenna beam to point toward the center of the circular path to irradiate the target area of interest from overall azimuthal angles. The CSAR can be used to reduce the effect of radar shadow which is commonly arises in the conventional SAR. Furthermore, high-resolution radar images can be reconstructed. In this report, we show the application of model-based polarimetric decomposition algorithms for the fully polarimetric CSAR images. We use an airborne real CSAR dataset to demonstrate the idea.
キーワード (和) 合成開口レーダ(SAR) / Circular SAR (CSAR) / レーダポラリメトリ / / / / /  
(英) Synthetic Aperture Radar (SAR) / Circular SAR (CSAR) / Radar Polarimetry / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 418, SANE2018-94, pp. 25-30, 2019年1月.
資料番号 SANE2018-94 
発行日 2019-01-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 航空機搭載Circular SAR画像による偏波および角度特性の取得 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Retrieval of Polarimetric and Azimuthal Angular Characteristics from Airborne Circular SAR Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 合成開口レーダ(SAR) / Synthetic Aperture Radar (SAR)  
キーワード(2)(和/英) Circular SAR (CSAR) / Circular SAR (CSAR)  
キーワード(3)(和/英) レーダポラリメトリ / Radar Polarimetry  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 卓磨 / Takuma Watanabe / ワタナベ タクマ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 遼 / Ryo Yamazaki / ヤマザキ リョウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-94 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会