電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 13:40
3辺シームレス透明PM駆動有機ELディスプレイの作製
宮原奨平沈 昌勲九大)・石代 宏コニカミノルタ)・服部励治九大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 液晶パネルはバックライトを除くと半透過であるため、透明ディスプレイになりうるが、非発光であるため限られた場所でしか使用できない。しかし、有機ELディスプレイ(OLED)は、カソード電極を透明にすれば十分に高い透過率が得られ、素子自体が発光するために、背景より明るく発光させれば明るい映像を提供することができる。また、窓は非常に多くの空間を有して存在し、そこに情報発信できる透明ディスプレイは非常に有効である。我々は、高精細ではないが、その代わりに、高い透過率と輝度をもつ透明OLEDの開発を目指している。これにより、非表示時は通常の窓として使え、表示時は視認性が高く照明として使えるぐらい明るく光る今までにないコンセプトのディスプレイが得られる。本研究においては、走査線数を多く求めないため、開口率やプロセス時間で優位なパッシブマトリックス(PM)駆動を採用し、3辺シームレスPMOLEDの製作を行った。 
(英) Since the liquid crystal panel is semi-transparent except for the backlight, it can be a transparent display. but it can be used only in a limited place because of a non-light emitting display. On the other hand, organic light emitting display (OLED) has sufficiently high transmittance using transparent cathode electrodes. In addition, since the OLED emits light itself, a sufficient clear image can be provided if it emits light brighter than the background. In addition, since the window has a very large space in a room or a car, the transparent display is very effective as an information transimission device. Therefore, we aim at developing a transparent OLED with high transmittance and high brightness instead of high definition. Thus, a display with high brightness and high visibility can be obtained. It can normally be used as a window when it is off, and it can be used as a lighting device when it is on, which gives an unprecedented concept. In this study, the number of scanning lines is not so large that a passive-matrix (PM) driving which is advantageous in aperture ratio and process time is used and also we tried to make a three-side-seamless PMOLED.
キーワード (和) 有機EL / 透明ディスプレイ / 3辺シームレス / PM駆動 / / / /  
(英) OLED / Transparent display / three-side-seamless / Passive-Matrix Driving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 422, EID2018-8, pp. 9-12, 2019年1月.
資料番号 EID2018-8 
発行日 2019-01-17 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛会館 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2019-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3辺シームレス透明PM駆動有機ELディスプレイの作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of Three-Sides-Seamless Transparent PMOLED 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機EL / OLED  
キーワード(2)(和/英) 透明ディスプレイ / Transparent display  
キーワード(3)(和/英) 3辺シームレス / three-side-seamless  
キーワード(4)(和/英) PM駆動 / Passive-Matrix Driving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮原 奨平 / Shohei Miyabara / ミヤバラ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 沈 昌勲 / Chang-Hoon Shim / シム チャンフン
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石代 宏 / Hiroshi Ishidai / イシダイ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) コニカミノルタ株式会社 (略称: コニカミノルタ)
KONICA MINOLTA, INC. (略称: KONICA MINOLTA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 励治 / Reiji Hattori / ハットリ レイジ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 13:40:00 
発表時間
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2018-8 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会