電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 14:10
乱流火災の非線形ダイナミックスに及ぼす重力の影響
窪田健太郎冨上拓光後藤田 浩東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では, 複雑ネットワークの一つである水平可視グラフを用いて乱流火災の速度場の時空構造と重力の関係を調べた. 通常重力場では, 低次元カオスが形成される上流領域で空間平均次数の周期的構造が形成され, 高次元カオスが形成される下流領域でその周期性は著しく失われる. 過重力場では, 下流領域で形成される空間平均次数の不規則性が上流領域でも現れ, 重力レベルの増加に伴って, 上流領域でも高次元カオスが形成されるようになる. 重力レベルの増加に伴う高次元カオス領域の拡大は, 乱流ネットワークを用いた最近の研究[K. Takagi et al., Phys. Rev. E 98, 032207 (2017)]でも明らかにされている. 
(英) We numerically studied the effect of gravity on spatiotemporal dynamics in flow velocity field during a large-scale turbulent fire using the horizontal visibility graph method. In normal gravity, the periodic structure of the degree in the image horizontal visibility networks appears in the near-field forming low-dimensional deterministic chaos. In contrast, the periodicity is significantly degenerated in the far-field forming high-dimensional deterministic chaos. High-dimensional deterministic chaos region becomes to be expanded with increasing gravity level, which corresponds to a finding obtained by a recent study [K. Takagi et al., Phys. Rev. E 98, 032207 (2017)] using the turbulent network.
キーワード (和) 乱流火災 / 複雑ネットワーク / カオス / / / / /  
(英) Turbulent fire / Gravity / Image horizontal visibility graph networks / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 413, NLP2018-119, pp. 121-123, 2019年1月.
資料番号 NLP2018-119 
発行日 2019-01-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2019-01-23 - 2019-01-24 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) The Centennial Hall, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 乱流火災の非線形ダイナミックスに及ぼす重力の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of gravity on nonlinear dynamics of a turbulent fire 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 乱流火災 / Turbulent fire  
キーワード(2)(和/英) 複雑ネットワーク / Gravity  
キーワード(3)(和/英) カオス / Image horizontal visibility graph networks  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 健太郎 / Kentaro Kubota / クボタ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨上 拓光 / Takumi Tokami / トカミ タクミ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤田 浩 / Hiroshi Gotoda / ゴトウダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-119 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.413 
ページ範囲 pp.121-123 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-NLP-2019-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会