電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 10:25
高信頼低遅延無線通信システムのためのRTSおよび拡張CTSを用いたメトリック合成型マルチユーザ検出
宗 秀哉東工大)・征矢隼人neko 9 Lab.)・府川和彦張 裕淵東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,伝送遅延時間が厳しく制限されているIoTシステムにおいて,RTSおよび拡張CTS(eCTS)を用いたマルチユーザ検出(MUD)を提案する.アンライセンス帯でCSMA/CAを用いて通信を行う場合,端末(UT)の台数が増加するのに伴いパケット衝突が多頻度で発生し,伝送遅延時間が長くなることが問題となる.OFDMAにおける衝突パケットの分離法として,最尤検出に基づき受信信号とレプリカ信号との2乗ユークリッド距離をメトリックとし,同一パケットを再送・合成するメトリック合成型MUD(MC-MUD)が提案されている.しかしながら,演算量低減のためには,再送時も同一のUT同士でパケット衝突させなくてはならず,UTが自律動作する環境では実現が難しい.そこで,CSMA/CA環境下でもMC-MUDを実現できる方式を提案する.衝突したUTの一つがデータパケット送信前にRTSを送信し,アクセスポイントは衝突した他のUTの宛先を記載したeCTSを送信する.eCTSを受信した他方のUTが即時送信を開始することにより,前回と同一のUT同士でパケットを衝突させることができる.計算機シミュレーションにより,提案法の適用CNR領域および伝送遅延時間特性を明らかにする. 
(英) This report proposes the multiuser detection (MUD) employing RTS and enhanced CTS (eCTS) for Internet of Things (IoT) services of which transmission delay time is strictly limited. Unlicensed band wireless communications employing CSMA/CA suffer from longer transmission delay time as the number of user terminals (UTs) increases, because packet collisions are more likely to occur. As a conventional scheme to separate collided packets, the metric-combining MUD (MC-MUD) has been proposed in OFDMA systems. MC-MUD calculates the metric for packets, which is defined as the squared Euclid distance between the received signal and its replica. Upon the basis of the maximum likelihood detection, MC-MUD combines the metric of a retransmitted packet with that of a previously transmitted packet. However, the corresponding UTs should simultaneously retransmit the same packets, so as to reduce computational complexity of MC-MUD. Since UTs are not centrally controlled, such a packet collision is not likely to occur. In order to cope with this problem, the report proposes a transmission scheme to realize the same packet collision for MC-MUD. In the proposed scheme, one UT that suffers from the packet collision transmits RTS before the retransmission. Then, the corresponding access point (AP) transmits eCTS including the addresses of the other UTs, which have experienced the same packet collision. The other UTs, which receive the eCTS, transmit the same packets immediately in order to achieve the same packet collision again. Computer simulations evaluate a CNR range under which the proposed scheme is effective, and transmission delay time of the proposed scheme.
キーワード (和) IoT / 無線通信 / CSMA/CA / マルチユーザ検出 / パケット合成 / RTS / eCTS /  
(英) IoT / Wireless communications / CSMA/CA / Multiuser detection / Packet combining / RTS / eCTS /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 421, SR2018-98, pp. 5-12, 2019年1月.
資料番号 SR2018-98 
発行日 2019-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) コラッセふくしま(福島県福島市) 
開催地(英) Corasse, Fukushima city (Fukushima prefecture) 
テーマ(和) コグニティブ無線,機械学習応用,異種無線融合型ネットワーク,SDN,IoT,一般 
テーマ(英) cognitive radio, machine learning application, heterogeneous network, SDN, IoT etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高信頼低遅延無線通信システムのためのRTSおよび拡張CTSを用いたメトリック合成型マルチユーザ検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Metric-Combining Multiuser Detection with RTS and eCTS for Ultra Reliable and Low Latency Wireless Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) 無線通信 / Wireless communications  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) マルチユーザ検出 / Multiuser detection  
キーワード(5)(和/英) パケット合成 / Packet combining  
キーワード(6)(和/英) RTS / RTS  
キーワード(7)(和/英) eCTS / eCTS  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗 秀哉 / Hideya So / ソウ ヒデヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TITECH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 征矢 隼人 / Hayato Soya / ソヤ ハヤト
第2著者 所属(和/英) neko 9 Laboratories (略称: neko 9 Lab.)
neko 9 Laboratories (略称: neko 9 Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TITECH)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 裕淵 / Yuyuan Chang / 張 裕淵
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TITECH)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-98 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.421 
ページ範囲 pp.5-12 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会