電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 10:50
安冨モデルにおける過剰貯蓄の解消がもたらす複数通貨の創発について
高橋仁志新潟大)・伊藤 尚富山高専)・前田義信新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 安冨モデルは通貨の創発をシミュレートするマルチエージェントモデルである.そのモデルでは,単純な物々交換に加えて各員が「他者が欲しがる財を自分も欲しがる」という特性を有するようになると,あるひとつの財が通貨の役割を果たし,各員の消費行動が増加することが知られている.しかし,このモデルではエージェントが通貨となった財を過剰に需要・所持してしまう.本研究では,「他者が欲しがる財を自分も欲しがる」という特性について,自身のその財の所持数により欲しがる確率を変動させることにより,通貨がどのような挙動の変化を見せるか観察した.結果,複数の通貨が出現し,同時に用いられることを確認した.ここで,複数の通貨が同時に発生した場合,全体の消費量が向上することが確認された.つまり,過剰な貯蓄を解消することにより景気が成長されることを本モデル上で確認できた. 
(英) Yasutomi model is a multi-agent simulation model that simulates the emergence of money. In this model, agents’ consumption behaviors increase by having one product as currency. Such the currency emerges in the barter exchange phase by adding the following rule, “a product that the others want are also those that I want,” to every agent. The agent has accumulated information through the interactions about which products are preferred from other agents. However, in this model, the agents had excessively needed / possessed any products which regarded as the currency form all agents. In this study, we observed the currency behavior by changing that the probability of “a product that the others want are also those that I want,” are related with the number of possessions of the product. As a result, multiple currencies appeared, and are confirmed to be used simultaneously. If the multiple currencies appeared at the same time, the total consumption amount by the agents was increased. We confirmed on this model that the economy should be prompted to grow by inhibiting excessive savings.
キーワード (和) マルチエージェントシミュレーション / 物々交換 / 通貨交換 / 貯蓄 / / / /  
(英) Multi-agent simulation / Barter exchange / Monetary exchange / Saving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 416, CAS2018-117, pp. 7-10, 2019年1月.
資料番号 CAS2018-117 
発行日 2019-01-17 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS ICTSSL  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 学生セッション,一般 
テーマ(英) Student Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2019-01-CAS-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安冨モデルにおける過剰貯蓄の解消がもたらす複数通貨の創発について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the emergence of multiple monies in Yasutomi model caused by inhibition of excessive savings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチエージェントシミュレーション / Multi-agent simulation  
キーワード(2)(和/英) 物々交換 / Barter exchange  
キーワード(3)(和/英) 通貨交換 / Monetary exchange  
キーワード(4)(和/英) 貯蓄 / Saving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 仁志 / Hitoshi Takahashi / タカハシ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science and Technology, Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 尚 / Nao Ito / イトウ ナオ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: Toyama NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science and Technology, Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2018-117,IEICE-ICTSSL2018-36 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.416(CAS), no.417(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2019-01-17,IEICE-ICTSSL-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会