電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 15:20
誤差関数が対数を含む場合の非負値行列因子分解の新たな乗法型更新式導出法
高祖晶弘高橋規一岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 非負値行列因子分解(Nonnegative Matrix Factorization: NMF)は,与えられた非負値行列Xを二つの非負値行列WとHの積で近似することである.NMFは一般にWとHの全要素が非負であるという制約の下でXとWHの間の誤差を最小化する問題として定式化され,その代表的解法としてLeeとSeungの乗法型更新が知られている.本発表では,目的関数が対数を含む場合の新たな乗法型更新式導出法を提案し,従来法では更新式が導出できない目的関数に対しても,提案法によって導出できることを示す. 
(英) Nonnegative Matrix Factorization (NMF) is an operation that decomposes a given nonnegative matrix X into two nonnegative factor matrices W and H. Generally, NMF is formulated as a constrained optimization problem in which an error between X and WH has to be minimized under the constraint that all elements of W and H are nonnegative, and the multiplicative update rules (MURs) are widely used for solving this optimization problem. In this report, we propose a new method for deriving MURs from objective functions containing logarithm. In some cases, the proposed method can derive MURs while the conventional method cannot.
キーワード (和) 非負値行列因子分解 / 乗法型更新 / 正則化項 / 対数 / / / /  
(英) nonnegative matrix factorization / multiplicative update rule / regularization term / logarithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 413, NLP2018-122, pp. 137-142, 2019年1月.
資料番号 NLP2018-122 
発行日 2019-01-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2019-01-23 - 2019-01-24 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) The Centennial Hall, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誤差関数が対数を含む場合の非負値行列因子分解の新たな乗法型更新式導出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Method for Deriving Multiplicative Update Rules for NMF with Error Functions Containing Logarithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非負値行列因子分解 / nonnegative matrix factorization  
キーワード(2)(和/英) 乗法型更新 / multiplicative update rule  
キーワード(3)(和/英) 正則化項 / regularization term  
キーワード(4)(和/英) 対数 / logarithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高祖 晶弘 / Akihiro Koso / コウソ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-122 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.413 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会