電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 16:10
無線メッシュネットワークのための機械学習を用いたルーティングアルゴリズム
小室源樹鈴木裕幸小山明夫山形大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年 ,無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できるメッシュ メッシュ ネットワークに注目が集まってい ネットワークに注目が集まってい ネットワークに注目が集まってい ネットワークに注目が集まってい ネットワークに注目が集まってい ネットワークに注目が集まってい る.無線 メッシュ メッシュ ネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであネットワークの性能を大きく左右する は通信時に使用経路決定ルティングであが,既存のもでは 既存のもでは 既存のもでは ,経路構築後のトラヒック 経路構築後のトラヒック 経路構築後のトラヒック 経路構築後のトラヒック 経路構築後のトラヒック や無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい なや無線環境の変化による経路性能劣を考慮してい な.そこで そこで , 本稿 では劣化した経路の使用を抑えるめに では劣化した経路の使用を抑えるめに では劣化した経路の使用を抑えるめに では劣化した経路の使用を抑えるめに では劣化した経路の使用を抑えるめに では劣化した経路の使用を抑えるめに では劣化した経路の使用を抑えるめに 宛先ノード 宛先ノード で経路の性能をモニターし 経路の性能をモニターし 経路の性能をモニターし 経路の性能をモニターし ,機械学習による選択した判断 機械学習による選択した判断 機械学習による選択した判断 機械学習による選択した判断 機械学習による選択した判断 機械学習による選択した判断 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 基準から劣化を検知した際に経路の再構築行う 経路再構築手法を提案する 経路再構築手法を提案する 経路再構築手法を提案する 経路再構築手法を提案する 経路再構築手法を提案する .シミュレーョン シミュレーョン シミュレーョン シミュレーョン による性能評価 による性能評価 による性能評価 に より ,従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す 従来手法と比較して提案の有効性を示す . 
(英) In recent years, attention has been focused on a Wireless Mesh Networks (WMN) that can expand a wireless area with the spread of wireless terminals. Routing that determines the route to be used at the time of communication is largely influenced by the performance of the WMN, but existing routing protocols do not take into account the performance deterioration of the route by changing of traffic and wireless environment after the route is constructed. In this paper, we propose a route reconstruction method which detects performance degradation of the route and makes the route reconstruction. In this method, a destination node monitors the performance of routes, and reconstructs the routes when degradation is detected based on criterion selected by machine learning. By performance evaluation, we show the effectiveness of the proposed method by comparison with the conventional method.
キーワード (和) WMN(Wireless Mesh Networks) / 機械学習 / 強化学習 / ルーティングアルゴリズム / 経路の性能劣化 / 経路再構築 / /  
(英) WMN(Wireless Mesh Networks) / Machine Learning / Reinforcement Learning / Routing Algorithm / Performance Degradation / Route Reconstruction / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 421, SR2018-107, pp. 71-77, 2019年1月.
資料番号 SR2018-107 
発行日 2019-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) コラッセふくしま(福島県福島市) 
開催地(英) Corasse, Fukushima city (Fukushima prefecture) 
テーマ(和) コグニティブ無線,機械学習応用,異種無線融合型ネットワーク,SDN,IoT,一般 
テーマ(英) cognitive radio, machine learning application, heterogeneous network, SDN, IoT etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線メッシュネットワークのための機械学習を用いたルーティングアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Routing Algorithm using machine learning for Wireless Mesh Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WMN(Wireless Mesh Networks) / WMN(Wireless Mesh Networks)  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(3)(和/英) 強化学習 / Reinforcement Learning  
キーワード(4)(和/英) ルーティングアルゴリズム / Routing Algorithm  
キーワード(5)(和/英) 経路の性能劣化 / Performance Degradation  
キーワード(6)(和/英) 経路再構築 / Route Reconstruction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 源樹 / Genki Komuro / コムロ ゲンキ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 裕幸 / Hiroyuki Suzuki / スズキ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 明夫 / Akio Koyama / コヤマ アキオ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-107 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.421 
ページ範囲 pp.71-77 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会