電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 10:30
共振回路アレイにおける局在モードの周波数変動抑制のためのコイル配置の検討
茂木大和木村真之土居伸二京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,1次元と2次元共振回路アレイにおいて不純物として受電コイルを配置した際に生じる局在モードについて調べた結果を述べる.
まず共振回路アレイに生じる局在モードは不純物の位置に応じてその振動の周波数が変動してしまうこと,その周波数変動はコイル同士の重なりを変えることで低減できることを確認した.
また,円形コイルを用いた場合,矩形コイルを用いた場合において,受電コイルの大きさ,送電コイル同士の重なりを変化させ,局在モードの周波数変動が極小となる点を発見した.
さらに2次元の共振コイルアレイにおいても同様の探索を行い,周波数の変動が極小となる点が存在することを示した. 
(英) In this report, localized modes in one-dimensional and two-dimensional resonant circuit arrays are investigated.
First, it is confirmed that the frequency of localized modes is changed with respect to the position of receiving coil which induce a spatially distributed impurity to the resonant circuit arrays.
The overlap of adjacent coils in the resonant circuit arrays and the diameter of the receiving coil are varied to suppress the frequency fluctuations.
As a result, a parameter set at which the fluctuation becomes a minimum is successfully obtained for the one-dimensional circular or square coils array.
In addition, it is also confirmed for two-dimensional square lattice of circular coils that the frequency fluctuation of localized modes can be reduced to almost zero.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 共振回路アレイ / 局在モード / / / / /  
(英) Wireless power transfer / Resonant circuit array / Localized mode / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 413, NLP2018-112, pp. 85-90, 2019年1月.
資料番号 NLP2018-112 
発行日 2019-01-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2019-01-23 - 2019-01-24 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) The Centennial Hall, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共振回路アレイにおける局在モードの周波数変動抑制のためのコイル配置の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Coil Arrangement to Supress a Frequency Fluctuation of Localized Mode in Resonant Circuit Array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless power transfer  
キーワード(2)(和/英) 共振回路アレイ / Resonant circuit array  
キーワード(3)(和/英) 局在モード / Localized mode  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 茂木 大和 / Yamato Mogi / モギ ヤマト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 真之 / Masayuki Kimura / キムラ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土居 伸二 / Shinji Doi / ドイ シンジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-112 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.413 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会