電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 15:40
隠れマルコフモデルとランダムフォレストによるマウスの睡眠ステージ判定
松崎 舜東大)・坂口昌徳筑波大)・大西立顕東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マウスの睡眠ステージ(ノンレム,レム,覚醒)を全自動で判定することは,睡眠研究を効率的に進める上で重要である.
主な判定手法としてはFASTERが知られているが,リアルタイムでの判定が出来ないという問題がある.
そこで我々はマウスの脳波データを用いて,ランダムフォレストと簡単な時系列補正による睡眠ステージ判定手法を2018年に提案した[1].
本研究ではその改善を行い,ランダムフォレストと隠れマルコフモデルを用いる睡眠ステージ判定手法を提案する.
隠れマルコフモデルを用いることにより,[1]で必要だった1エポック後の情報が不要になり,よりリアルタイムに近い判定が可能となった.

[1]松崎舜・坂口昌徳・大西立顕:
「ランダムフォレストによるマウスの脳波時系列を用いた睡眠ステージ判定」.
情報処理学会研究報告, vol. 2018-MPS-120, No.12, pp. 1-6. 
(英) Fully automatic determination of the sleep stages (non-REM, REM, arousal) of the mouse is important in improving the memory research.
Although FASTER is known as a main determination method, there is a problem that determination can not be made in real time.
Therefore, we proposed a sleep stage determination method by random forest and simple time series correction in 2018 using mouse brain wave data [1].
In this research, we improve it and propose sleep stage determination method using random forest and hidden Markov model.
By using the hidden Markov model, the information after one epoch, which was necessary in [1], becomes unnecessary, making it possible to make a more real time determination.

[1]松崎舜・坂口昌徳・大西立顕:
「ランダムフォレストによるマウスの脳波時系列を用いた睡眠ステージ判定」.
情報処理学会研究報告, vol. 2018-MPS-120, No.12, pp. 1-6.
キーワード (和) ランダムフォレスト / 隠れマルコフモデル / EEG / / / / /  
(英) Random Forest / Hidden Markov Model / EEG / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 413, NLP2018-123, pp. 143-148, 2019年1月.
資料番号 NLP2018-123 
発行日 2019-01-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2019-01-23 - 2019-01-24 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) The Centennial Hall, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 隠れマルコフモデルとランダムフォレストによるマウスの睡眠ステージ判定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of mouse sleep-stages using hidden Markov model and random forest 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムフォレスト / Random Forest  
キーワード(2)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hidden Markov Model  
キーワード(3)(和/英) EEG / EEG  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 舜 / Shun Matsuzaki / マツザキ シュン
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 昌徳 / Masanori Sakaguchi / サカグチ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: University of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 立顕 / Takaaki Ohnishi / オオニシ タカアキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-123 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.413 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会