電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-23 16:40
[招待講演]昆虫で見られる集団サイズに応じた攻撃性のモデル化
青沼仁志北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 昆虫のコオロギは,餌や縄張り,配偶者などを争って闘争する.その闘争は,一方の個体が退くことで終結する.また,コオロギは,通常1対1で闘争することから,闘争行動は2対問題として捉えることができる.闘争行動について説明する行動モデルを構築し,3個体以上が存在する集団に拡張した.シミュレーション実験から,集団サイズに応じた攻撃性の変容メカニズムについて考察した. 
(英) Animals alter their behaviors on the demand of changing circumstances. It is one of the common interests between biologists and robotics engineers to understand the emergence of real time adaptive behaviors. Here we have focus on group size dependent aggression in the cricket. Individual interaction is one of the important factors for decision making in animals. Cricket aggressive behavior provide us good model system to understand how animals alter their behaviors on the demand of changing social circumstances.
キーワード (和) 昆虫 / コオロギ / 攻撃性 / 脳内物質 / / / /  
(英) Cricket / Aggressive behavior / Neuromodulators / Modeling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 413, NLP2018-108, pp. 69-69, 2019年1月.
資料番号 NLP2018-108 
発行日 2019-01-16 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2019-01-23 - 2019-01-24 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) The Centennial Hall, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 昆虫で見られる集団サイズに応じた攻撃性のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling of group size dependent aggressive behavior in insect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 昆虫 / Cricket  
キーワード(2)(和/英) コオロギ / Aggressive behavior  
キーワード(3)(和/英) 攻撃性 / Neuromodulators  
キーワード(4)(和/英) 脳内物質 / Modeling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青沼 仁志 / Hitoshi Aonuma / アオヌマ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-23 16:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-108,IEICE-NC2018-43 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.413(NLP), no.414(NC) 
ページ範囲 p.69(NLP), p.25(NC) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NLP-2019-01-16,IEICE-NC-2019-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会