お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-23 10:25
超音波水中無線通信 ~ 応答特性による符号間干渉の抑制について ~
劉 旻雯陶 良千葉工大US2018-102
抄録 (和) 電磁波は水中での減衰が大きいため,水中無線通信において超音波が主に用いられる.超音波トラン スデューサの応答特性により,前の信号影響を大きく受けるという特殊な符号間干渉が考えられる.本研究では, 指数減衰正弦波をインパルス応答とみなし,数値シミュレーションを用いて,符号間干渉の削減手法として,窓関 数,インバースフィルタ,ナイキストフィルタの効果を BER で比較検討する. 
(英) Ultrasound is employed for underwater wireless communication, owing to that electromagnetic waves attenuate seriously in water. One of the specific issues on wireless communication using ultrasound is the frequency response. Because of the response properties of ultrasonic transducers, the signal of a symbol will be interfered majorly by the ultrasonic vibrations of former symbol. In this paper, the effect of this kind of inter symbol interference, as well as the effectiveness of alleviation methods, is studied by numerical simulation. An exponentially decayed sinusoid wave is assumed as the impulse response, the BERs of demodulation by using time-domain hanning window, Nyquist filter, and inverse filter are compared.
キーワード (和) 水中無線通信 / 符号間干渉 / 時間窓関数 / ナイキストフィルタ / インバースフィルタ / / /  
(英) Underwater wireless communication / Inter symbol interference / Time-domain window function / Nyquist filter / Inverse filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 409, US2018-102, pp. 111-115, 2019年1月.
資料番号 US2018-102 
発行日 2019-01-15 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2018-102

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2019-01-22 - 2019-01-23 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会>応用/電気音響,超音波,一般 
テーマ(英) [Joint Meeting on Acoustics and Ultrasonics Subsociety] Engineering/Electro Acoustics, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波水中無線通信 
サブタイトル(和) 応答特性による符号間干渉の抑制について 
タイトル(英) Ultrasonic under water wireless communication 
サブタイトル(英) alleviation of the inter symbol interference caused by response characteristic 
キーワード(1)(和/英) 水中無線通信 / Underwater wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 符号間干渉 / Inter symbol interference  
キーワード(3)(和/英) 時間窓関数 / Time-domain window function  
キーワード(4)(和/英) ナイキストフィルタ / Nyquist filter  
キーワード(5)(和/英) インバースフィルタ / Inverse filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 旻雯 / Minwen Liu / リュウ ミンブン
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶 良 / Ryo Toh / トウ リョウ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-23 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-102 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.409 
ページ範囲 pp.111-115 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2019-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会