電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-23 15:35
前立腺癌における病理画像特徴量とグリソンスコアの関係
二宮健太有村秀孝小柳遼馬木下史生アラムギール ホッセン渡邊壽美子九大)・今田憲二郎九大病院)・小田義直九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では病理画像から計算した特徴量とグリソンスコアの関係を解析した。54個のヒストグラムとテクスチャ(GLCM、GLRLM、GLSZM、NGTDM)に基づく特徴量をグレースケール病理画像から計算した。グレースケール病理画像は、元画像のRGBカラー成分(レッド、グリーン、ブルー)を用いた。グリソンスコアの高い群(≥ 4+3)と低い群(≤ 3+4)における画像特徴量の平均値に統計的有意差が見られた(t-test、p < 0.05)。本研究で画像特徴量によってグリソンスコアの高い群と低い群への分類可能性を示した。 
(英) We aimed to investigate relationships between quantitative image features and Gleason scores that are subjectively determined in clinical practice. The 54 image features were calculated based on histograms and textures such as gray-level co-occurrence, run-length, size-zone, and neighborhood gray-tone difference matrices within cancer regions in grayscale histological images of components for red, green and blue. There were statistically significant differences in feature means between high (≥ 4+3) and low (≤ 3+4) Gleason score groups (t-test, p < 0.05). Our study demonstrated a capability of quantitative image features to stratify prostate cancer histological images into high and low Gleason scores groups.
キーワード (和) 前立腺癌 / 病理画像 / グリソンスコア / テクスチャ解析 / / / /  
(英) prostate cancer / histological images / Gleason scores / texture analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 412, MI2018-112, pp. 229-232, 2019年1月.
資料番号 MI2018-112 
発行日 2019-01-15 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2019-01-22 - 2019-01-23 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2019-01-MI 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 前立腺癌における病理画像特徴量とグリソンスコアの関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of relationships between image features of histological images in prostate cancer and Gleason scores 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 前立腺癌 / prostate cancer  
キーワード(2)(和/英) 病理画像 / histological images  
キーワード(3)(和/英) グリソンスコア / Gleason scores  
キーワード(4)(和/英) テクスチャ解析 / texture analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 二宮 健太 / Kenta Ninomiya / ニノミヤ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有村 秀孝 / Hidetaka Arimura / アリムラ ヒデタカ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小柳 遼馬 / Ryoma Koyanagi / コヤナギ リョウマ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 史生 / Fumio Kinoshita / キノシタ フミオ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) アラムギール ホッセン / Alamgir Hossain / アラムギール ホッセン
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 壽美子 / Sumiko Watanabe / ワタナベ スミコ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 今田 憲二郎 / Kenjiro Imada / イマダ ケンジロウ
第7著者 所属(和/英) 九州大学病院 (略称: 九大病院)
Kyushu University Hospital (略称: Kyushu Univ. Hosp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 義直 / Yoshinao Oda / オダ ヨシナオ
第8著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-23 15:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2018-112 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.412 
ページ範囲 pp.229-232 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2019-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会