電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-23 15:20
家庭用サービスロボットのための海馬-嗅内皮質の集積回路モデル
下留 諒川内聖士高田健介立野勝巳田向 権森江 隆九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在の人工知能に望まれている脳型記憶システムを専用ハードウェアにより構築するために,本報告では集積回路化に適した脳型記憶処理モデルを提案し,ディジタル集積回路で実装する試みを述べる.このモデルは,著者らがすでに生理学的知見に基づいて提案している海馬を中心とする脳の記憶処理モデルを簡略化することで構築される.このシステムを家庭用サービスロボットに搭載することができれば,ロボットがエピソード記憶処理機能を持つことができ,個人の経験・記憶をサポートして,日常の個人の判断を補助することが期待できる. 
(英) To construct brain-like memory systems, which are desired in the current artificial intelligence, with dedicated hardware, this report proposes a brain-like memory processing model suitable for implementing in integrated circuits, and describes an effort to implement this model by digital integrated circuits. This model is constructed by simplifying the memory processing model in the brain, especially in hippocampus, which has been proposed by the authors based on the physiological knowledge. If this system can be installed in home service robots, such
robots can have the ability to treat episodic memory, and it is expected that the robots can support human personal experience and memory, and assist personal decision in daily life.
キーワード (和) 海馬 / 経路依存場所細胞 / 抵抗ネットワーク / / / / /  
(英) hippocampus / path-dependent place cell / resistive network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 414, NC2018-39, pp. 5-10, 2019年1月.
資料番号 NC2018-39 
発行日 2019-01-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2019-01-23 - 2019-01-24 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) The Centennial Hall, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) General Implementation of Neuro Computing, Analysis and Modeling of Human Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 家庭用サービスロボットのための海馬-嗅内皮質の集積回路モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An integrated circuit model of hippocampus and entorhinal cortex for home service robots 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海馬 / hippocampus  
キーワード(2)(和/英) 経路依存場所細胞 / path-dependent place cell  
キーワード(3)(和/英) 抵抗ネットワーク / resistive network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下留 諒 / Ryo Shimodome / シモドメ リョウ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川内 聖士 / Masashi Kawauchi / カワウチ マサシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 健介 / Kensuke Takada / タカダ ケンスケ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 立野 勝巳 / Katsumi Tateno / タテノ カツミ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田向 権 / Hakaru Tamukoh / タムコウ ハカル
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 森江 隆 / Takashi Morie / モリエ タカシ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-23 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2018-39 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2019-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会