電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-22 10:35
低濃度ルゴール染色による食道癌検出に向けた撮影条件および画像解析手法の検討
齋藤 優倉渕瑶子中野和也大西 峻太田 聡上里昌也羽石秀昭千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 食道癌摘出手術では,癌領域把握のためにルゴール染色を行う.しかし,ルゴール液は患者に負担を与える.負担軽減のためにルゴール液の低濃度化が求められるが,染色度合いが低下する.そのため,低濃度ルゴール液の染色下においても癌領域を検出可能なシステムが求められる.本研究では,狭帯域照明を利用した癌領域検出システムを検討する.初期検討として,まず低濃度ルゴール液の染色下において食道癌検体の分光画像を取得した.その後,取得した分光画像に加え狭帯域照明の分布とRGBカメラ感度を用いてRGB画像をシミュレーションにより作成した.作成したRGB画像を用いて癌領域検出を行った. 
(英) An operation to remove esophageal cancer needs lugol solution for detecting cancer region. By using lugol solution, we can recognize the cancer region clearly. But after using lugol solution, patients appeal heartburn. In order to reduce patient’s pain, it is necessary to use low concentration lugol solution. If we use low concentration lugol solution, we can’t recognize the cancer region clearly. So a system which can detect cancer region under the low concentration lugol stained condition is needed. In this study, we consider about using narrow band illumination. As a first step, we acquired hyperspectral images of the cancer samples under the low concentration lugol stained condition, then create RGB image by taking into consideration about narrowband illumination and camera sensor. After that we detected cancer region by using created RGB image.
キーワード (和) 低濃度ルゴール液 / 狭帯域照明 / RGB画像 / 癌領域検出 / / / /  
(英) Low concentration lugol solution / Narrow band illumination / RGB image / Detecting cancer region / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 412, MI2018-63, pp. 19-23, 2019年1月.
資料番号 MI2018-63 
発行日 2019-01-15 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2019-01-22 - 2019-01-23 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2019-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低濃度ルゴール染色による食道癌検出に向けた撮影条件および画像解析手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of acquisition condition and image analysis for detecting esophageal cancer stained by low concentration lugol solution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低濃度ルゴール液 / Low concentration lugol solution  
キーワード(2)(和/英) 狭帯域照明 / Narrow band illumination  
キーワード(3)(和/英) RGB画像 / RGB image  
キーワード(4)(和/英) 癌領域検出 / Detecting cancer region  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 優 / Yu Saito / サイトウ ユウ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉渕 瑶子 / Yoko Kurabuchi / クラブチ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 和也 / Kazuya Nakano / ナカノ カズヤ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 峻 / Takashi Ohnishi / オオニシ タカシ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 聡 / Satoshi Ota / オオタ サトシ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上里 昌也 / Masaya Uesato / ウエサト マサヤ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽石 秀昭 / Hideaki Haneishi / ハネイシ ヒデアキ
第7著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-22 10:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2018-63 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.412 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2019-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会