電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-22 14:20
口腔粘膜疾患診断支援システムにおける口腔画像の疾患部位に対して手動切り出しの個人差が識別結果に与える影響の考察
尾崎南斗九工大)・大谷泰志土生 学冨永和宏九州歯科大)・堀尾恵一九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 口腔粘膜疾患は,口腔という特殊な領域に生じるため,治療後に様々な障害を引き起こす可能性が高い.疾患の早期スクリーニング行うため,筆者らは口腔粘膜疾患診断支援システムの開発を行っている.システム開発において疾患範囲の切り出し時に個人差が生じる問題がある.本報告では,切り出し範囲と識別率を比較し個人差に関する関係を調べるために,Canonical Correlation Analysis SOM (CCA-SOM)による解析を行い,任意の被験者を除外して推定を行った.実験の結果,切り出し範囲が安定する人は切り出し範囲と識別率に関係があることがわかった. 
(英) Oral mucosa disease is more likely to cause various disorders after treatment to occur in the special domain called the oral cavity. Therefore, the early screening of the disease, the authors are developing a diagnosis support system of oral mucosal disease. There is a problem that individual differences of cut out of disease range in system development. In this report, relation concerning the individual differences was examined to compare cutout range and identification ratio, we first analyze by Canonical Correlation Analysis SOM (CCA-SOM) and estimate it by excluding arbitrary subjects. Experimental results, it was found that those who stabilize cut-out range have relevance to cutout range and identification ratio.
キーワード (和) 診断支援 / 口腔粘膜疾患 / 個人差 / 識別 / Canonical Correlation Analysis SOM / / /  
(英) Diagnosis Support System / Oral Mucosal Disease / Individual difference / Identification / Canonical Correlation Analysis SOM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 412, MI2018-80, pp. 81-86, 2019年1月.
資料番号 MI2018-80 
発行日 2019-01-15 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2019-01-22 - 2019-01-23 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2019-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 口腔粘膜疾患診断支援システムにおける口腔画像の疾患部位に対して手動切り出しの個人差が識別結果に与える影響の考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration of Influence of Identification Result which occur Individual Difference of Manual Cutting for Disease part of Oral Image in Oral Mucosal Disease Diagnosis Support System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 診断支援 / Diagnosis Support System  
キーワード(2)(和/英) 口腔粘膜疾患 / Oral Mucosal Disease  
キーワード(3)(和/英) 個人差 / Individual difference  
キーワード(4)(和/英) 識別 / Identification  
キーワード(5)(和/英) Canonical Correlation Analysis SOM / Canonical Correlation Analysis SOM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 南斗 / Nanto Ozaki / オザキ ナント
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 泰志 / Taishi Ohtani / オオタニ タイシ
第2著者 所属(和/英) 九州歯科大学 (略称: 九州歯科大)
Kyushu Dental College (略称: KDC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土生 学 / Manabu Habu / ハブ マナブ
第3著者 所属(和/英) 九州歯科大学 (略称: 九州歯科大)
Kyushu Dental College (略称: KDC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨永 和宏 / Kazuhiro Tominaga / トミナガ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 九州歯科大学 (略称: 九州歯科大)
Kyushu Dental College (略称: KDC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀尾 恵一 / Keiichi Horio / ホリオ ケイイチ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-22 14:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2018-80 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.412 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2019-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会