電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-22 14:35
OCTアンギオグラフィー画像解析に基づく黄斑部領域解析に関する研究
山岡新之介福元伸也鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦椎原秀樹園田祥三坂本泰二鹿児島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,網膜画像の一つであるOCTアンギオグラフィーから得られる黄斑部領域に着目し,その黄斑部領域の形状の複雑さを解析することで,形状の複雑さと黄斑前膜の疾患指標である歪視度との因果関係を調査することを目的としている.今回は医師がOCTアンギオグラフィーに描画した黄斑部領域の輪郭形状に対し,ウェーブレット変換を用いて複数の輪郭変形画像の生成を行った.そして,それぞれの輪郭変形画像に対して固有値比,面積,円形度を求め,複数の輪郭画像間の変化量の推移を求めることで,黄斑部領域の複雑さの解析を行った.また,円や楕円,ベッセル関数を用いてモデル図形を作成し,それに対してもウェーブレット変換を利用した形状特徴量の推移について解析を行うことで,形状の複雑さが変化量の推移と因果関係を持つか調査を行った. 
(英) The purpose of this study is to ascertain whether the complexity of the shape of macular region obtained from OCT angiography has causal relationship with the progression of the epiretinal-membrane. So, as a way to calculate of complexity of the shape of macular region, we made a multiple macular deformed images from the macular region drawn on the OCT angiographt by ophthalmologist, using wavelet transform. And, we calculated the eigenvalue raito, area, circularity and investigated how these values change between multiple macular deformed images. In addition , We made model figure of the macular region using circle, ellipse, and bessel function. And, we calculated those in the same way. We ascertain what kind of causal relationship the shape difference has on the change of eigenvalue raito, area, circularity.
キーワード (和) 黄斑前膜症 / OCT-angiography / ウェーブレット変換 / / / / /  
(英) epiretinal-membrane / OCT-angiography / wavelet / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 412, MI2018-81, pp. 87-92, 2019年1月.
資料番号 MI2018-81 
発行日 2019-01-15 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2019-01-22 - 2019-01-23 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2019-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OCTアンギオグラフィー画像解析に基づく黄斑部領域解析に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on macular analysis based on OCT angiography image analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 黄斑前膜症 / epiretinal-membrane  
キーワード(2)(和/英) OCT-angiography / OCT-angiography  
キーワード(3)(和/英) ウェーブレット変換 / wavelet  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 新之介 / Shinnosuke Yamaoka / ヤマオカ シンノスケ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 伸也 / Shinya Fukumoto / フクモト シンヤ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿嶋 雅之 / Masayuki Kashima / カシマ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 公則 / Kiminori Sato / サトウ キミノリ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 睦 / Mutsumi Watanabe / ワタナベ ムツミ
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎原 秀樹 / Hideki Shiihara / シイハラ ヒデキ
第6著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 祥三 / Syozo Sonoda / ソノダ ショウゾウ
第7著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 泰二 / Taiji Sakamoto / サカモト タイジ
第8著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-22 14:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2018-81 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.412 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2019-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会