電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 12:40
ソフトウェア開発効率化手法における機械学習性能の向上に向けた教師データ作成法
佐藤孝樹日大)・山田 剛菊間一宏NTT)・上田清志日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を余儀なくさせている.
従来型の電話サービスをインターネットサービス網と重畳させるキャリアネットワークにおいても同様の低廉化が必要であるが,電話サービスに関しては信頼性や安全性の保証をしなくてはならないため,そのソフトウェアは品質面や安全性を保証しなくてはならず,開発プロセスにおける各種品質向上施策が開発コストや維持コストが高止まる傾向にある.
この解決に向け,ソフトウェア開発プロセス自動化の1アプローチとして,機械学習による試験項目作成作業者のスキルやノウハウに依存しない均質な試験項目を作成する手法として試験項目抽出手法が提案された.本稿では,その手法の機械学習結果の精度向上を目指した取り組みとして,機械学習で用いる教師データの作成について,より必要性の高いデータを残し,必要性の低いデータを削除する手法を提案し,その効果を評価する. 
(英) NGN which have of the feature both of the internet and the PSTN is required the guarantee of the safety and the social dependence about communication service.
To satisfy above requirement, many methods have been proposed and applied so far and we reduce the number of problem in operation.
On the other hand, the lengthening and rising development cost which caused by many method applied to the large-scale communication system software development are remained problems.
To solve these problems, a method for automatically extract testcases from specification documents was proposed.
Among of the method, we propose a method of leaving necessary and deleting unnecessary of training data to improve the performance of machine learning.
キーワード (和) 大規模通信ソフトウェア / 要求仕様書 / 自動試験項目作成 / 機械学習 / / / /  
(英) Large scale communication system software / Software specification / Automatic software testcase extractopm / Machine learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 392, NS2018-184, pp. 35-40, 2019年1月.
資料番号 NS2018-184 
発行日 2019-01-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) NWソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ,ミドルウエア),NWアプリケーション,SOA/SDP,NGN/IMS/API,分散制御・ダイナミックルーチング,グリッド,NW及びシステム信頼性,NW及びシステム評価,一般 
テーマ(英) Network software (Software Architecture, Middleware), Network Application, SOA/SDP, NGN/IMS/API, Distributed control/Dynamic routing, Grid, Network/System reliability, Network/System evaluation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェア開発効率化手法における機械学習性能の向上に向けた教師データ作成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Training Data Creation Method for Machine Learning Performance Improvement in the Software Development Efficiency Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模通信ソフトウェア / Large scale communication system software  
キーワード(2)(和/英) 要求仕様書 / Software specification  
キーワード(3)(和/英) 自動試験項目作成 / Automatic software testcase extractopm  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 孝樹 / Koki Sato / サトウ コウキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 剛 / Takeshi Yamada / ヤマダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 一宏 / Kazuhiro Kikuma / キクマ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 12:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-184 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.392 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会