電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 15:15
力覚を用いた遠隔制御システムにおける粘弾性の適応制御のQoE評価 ~ ネットワーク遅延の変化に対する効果 ~
阿部拓哉名工大)・大西 仁放送大)・石橋 豊名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では, 力覚を用いた遠隔制御システムを対象とし, 文字を書く作業に対して, ネットワーク遅延が作業途中で大きく変化する場合に, 筆者らが以前に提案した粘弾性の適応制御の効果をユーザ体感品質 (QoE: Quality of Experience) 評価により調査している. 粘弾性の適応制御は, ネットワーク遅延と運筆速度に応じて動的に最適な弾性係数と粘性係数を選択する. このシステムでは, 一人の利用者が触覚インタフェース装置を用いてビデオを見ながら遠隔地にある別の触覚インタフェース装置を操作することができる. QoE評価において, 粘弾性の適応制御, 弾性の適応制御, 及び適応制御を行わない場合との比較を行い, 粘弾性の適応制御の有効性を示す. 
(英) In this report, we handle a remote control system with haptics, and we investigate the effect of the adaptive viscoelasticity control, which we previously proposed, for work of writing characters when the network delay largely changes during the work by Quality of Experience (QoE) assessment. The adaptive viscoelasticity control dynamically selects the optimum elasticity and viscosity coefficients according to the stroke speed and network delay. In the system, a user can operate a haptic interface device at a remote location while watching video by using another haptic interface device. In the QoE assessment, we make a comparison among the adaptive viscoelasticity control, the adaptive elasticity control, and the case without adaptive control. As a result, we demonstrate the effectiveness of the adaptive viscoelasticity control.
キーワード (和) 遠隔制御 / 力覚 / 粘弾性 / 反力の適応制御 / ネットワーク遅延 / QoE評価 / /  
(英) Remote control / Haptics / Viscoelasticity / Adaptive control / Network delay / QoE assessment / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 395, CQ2018-91, pp. 89-94, 2019年1月.
資料番号 CQ2018-91 
発行日 2019-01-10 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 首都大学東京 
開催地(英) Tokyo Metropolitan Univ. 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質、メディア品質、ネットワークの品質・QoS制御、災害時のネットワークとコミュニケーション、ユーザ行動、機械学習、一般 
テーマ(英) Video/Voice Services Quality, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 力覚を用いた遠隔制御システムにおける粘弾性の適応制御のQoE評価 
サブタイトル(和) ネットワーク遅延の変化に対する効果 
タイトル(英) QoE Assessment of Adaptive Viscoelasticity Control in Remote Control System with Haptics 
サブタイトル(英) Effect against Change of Network Delay 
キーワード(1)(和/英) 遠隔制御 / Remote control  
キーワード(2)(和/英) 力覚 / Haptics  
キーワード(3)(和/英) 粘弾性 / Viscoelasticity  
キーワード(4)(和/英) 反力の適応制御 / Adaptive control  
キーワード(5)(和/英) ネットワーク遅延 / Network delay  
キーワード(6)(和/英) QoE評価 / QoE assessment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 拓哉 / Takuya Abe / アベ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 仁 / Hitoshi Ohnishi / オオニシ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 放送大学 (略称: 放送大)
The Open University of Japan (略称: OUJ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-91 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会