電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 16:30
ノッチ入り円形パッチを用いたFSSによる電波吸収体
篠崎友花新井宏之横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電波の不要反射を避ける方法の一つとして電波吸収体が用いられている.電波吸収体にはピラミッド状やウェッジ状のもの,板状のもの,塗料となっているものなど,吸収の仕組みによって様々な形状のものが存在する.本研究では誘電体基板でできたユニットセルを二次元に周期配列した周波数選択表面(FSS: Frequency SelectiveSurface)による吸収体を提案する.設計周波数は10 GHz とし,誘電体には厚さ0.8 mm のFR4 を1 枚用いた.その結果,設計周波数の10 GHz において垂直に入射した平面波の90 % を9.78~10.17 GHz の3.9 % の帯域で吸収する吸収体を作成でき,入射波が回転しても吸収特性を維持できた.また,垂直入射平面波の吸収特性について実験を行い,解析結果と同等の特性を得ることができた.以上のことから,提案した吸収体は確かに入射波を吸収していると言える. 
(英) The wave absorber is used to suppress unwanted wave reflection. In this paper, a single layer frequency selective surface (FSS) wave absorber is proposed. This FSS is made by FR4 with thickness of 0.8 mm. 90 % absorption is achieved with 3.9 % of bandwidth between 9.78 to 10.17 GHz for the normal plane wave incidence. Measurement result is in good agreement with simulation. So, proposed absorber is certainly absorb incident wave.
キーワード (和) 電波吸収体 / 周波数選択表面 / FSS / SHF帯 / / / /  
(英) Wave absorber / FSS / SHF / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 390, AP2018-168, pp. 99-102, 2019年1月.
資料番号 AP2018-168 
発行日 2019-01-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノッチ入り円形パッチを用いたFSSによる電波吸収体 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Wave Absorber using FSS of Notched Circular Patch 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波吸収体 / Wave absorber  
キーワード(2)(和/英) 周波数選択表面 / FSS  
キーワード(3)(和/英) FSS / SHF  
キーワード(4)(和/英) SHF帯 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠崎 友花 / Yuka Shinozaki / シノザキ ユカ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-168 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会