お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 15:30
DC20V-17Aまでの直流誘導性負荷回路におけるAgSnO2接点による遮断アークの短縮に対する接点開離速度及び外部磁界の影響
徳光聖茄長谷川 誠千歳科技大EMD2018-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2018-52
抄録 (和) 負荷条件14V-12A, 20V-7A, 20V-17Aの直流誘導性負荷回路(L=5.7mH)を,接点ギャップ付近に磁界(B=120mT)を印加したAgSnO2接点対にて1~200mm/secの接点開離速度で遮断する際の開離アークの電圧/電流波形を測定し,磁気吹き消しによるアークの挙動をハイスピードカメラで観察した.接点開離速度が遅い又は負荷電流が小さい場合には,磁界を印加しても磁気吹き消しが発生しないことが確認された.磁気吹き消しが発生していない場合について,測定した電流波形からアーク柱に印加されるローレンツ力の大きさを算出したところ,磁気吹き消しを確実に発生させるには0.08mN以上の大きさのローレンツ力がアーク柱に印加される必要があることが示唆された.その一方で,磁気吹き消しが生じない場合でも,磁界印加により開離アーク継続時間は短縮されており,磁界印加によるアーク短縮には電流方向のローレンツ以外にも何らかの要因が関係していると考えられる. 
(英) In a DC inductive (L=5.7mH) load circuit, a AgSnO2 contact pair with applied external magnetic field of about 120mT was operated to break a load current of 14V-12A, 20V-7A or 20V-17A at different contact opening speeds from 1 to 200 mm/s. Voltage and current waveforms of break arcs were measured, and arc movement was observed with a high-speed camera at each condition. With slower contact opening speeds or smaller load current levels, magnetic blowing was not observed even with applied magnetic field. Lorentz force in non-blowing cases were calculated from the observed arc current waveforms, resulting in estimation in which the minimum Lorentz force required to realize magnetic blowing will be around 0.08mN. However, in cases with slower contact opening speeds or smaller load current levels, magnetic field application still resulted in shortenings of break arcs, implying that any factors other than magnetic blowing seem to be involved in break arc shortening due to application of external magnetic field.
キーワード (和) 電気接点 / 開離アーク / 接点開離速度 / 磁気吹き消し / AgSnO2接点 / 金属相アーク / ガス相アーク /  
(英) Electrical contacts / Break arc / Contact opening speed / Magnetic blowing / AgSnO2 contacts / Metallic phase arc / Gaseous phase arc /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 407, EMD2018-52, pp. 23-28, 2019年1月.
資料番号 EMD2018-52 
発行日 2019-01-11 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2018-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2018-52

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2019-01-18 - 2019-01-18 
開催地(和) 機械振興会館地下3階1号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2019-01-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DC20V-17Aまでの直流誘導性負荷回路におけるAgSnO2接点による遮断アークの短縮に対する接点開離速度及び外部磁界の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influences of contact opening speeds and external magnetic field on shortening of break arc durations of AgSnO2 contacts in a DC inductive load circuit up to 20V-17A 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電気接点 / Electrical contacts  
キーワード(2)(和/英) 開離アーク / Break arc  
キーワード(3)(和/英) 接点開離速度 / Contact opening speed  
キーワード(4)(和/英) 磁気吹き消し / Magnetic blowing  
キーワード(5)(和/英) AgSnO2接点 / AgSnO2 contacts  
キーワード(6)(和/英) 金属相アーク / Metallic phase arc  
キーワード(7)(和/英) ガス相アーク / Gaseous phase arc  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳光 聖茄 / Seika Tokumitsu / トクミツ セイカ
第1著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Science & Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 誠 / Makoto Hasegawa / ハセガワ マコト
第2著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Science & Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2018-52 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2019-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会