電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 13:10
[招待講演]ランダム行列理論に基づく社会ネットワーク分析
作元雄輔会田雅樹首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの特性を分析するためにスペクトラルグラフ理論が広く用いられている.スペクトラルグラフ理論ではネットワーク構造を行列で表現し,その行列の固有値・固有ベクトルを通じて特性を分析する.この理論を社会ネットワークの分析に適用するためには,社会ネットワーク構造を行列で表す必要がある.しかしながら,現実の社会ネットワークの構造を忠実に再現するように行列の各成分(未知変数)を決定することは計算量の観点から事実上不可能である.本稿では,行列の成分が乱数で与えられているランダム行列に現れる普遍性を利用することで困難を回避し,スペクトラルグラフ理論によって社会ネットワーク分析を可能とする方法を紹介する. 
(英) Spectral graph theory gives an algebraical approach to analyze the characteristics of a network by using the matrix that represents the network structure. In order to apply the spectral graph theory to the social network analysis, we must represent the social network structure with a matrix. However, it is hard to determine matrix elements exactly representing the actual social network structure. In this paper, we introduce the social network analysis based on random matrix theory. This analysis utilizes the universality that appears when matrix elements are randomly given.
キーワード (和) ソーシャルメディア / SNS / スペクトラルグラフ理論 / ラプラシアン行列 / ランダム行列理論 / / /  
(英) Social Media / SNS / Spectral Graph Theory / Laplacian Matrix / Random Matrix Theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 395, CQ2018-87, pp. 65-70, 2019年1月.
資料番号 CQ2018-87 
発行日 2019-01-10 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 首都大学東京 
開催地(英) Tokyo Metropolitan Univ. 
テーマ(和) 映像/音声サービスの品質、メディア品質、ネットワークの品質・QoS制御、災害時のネットワークとコミュニケーション、ユーザ行動、機械学習、一般 
テーマ(英) Video/Voice Services Quality, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-01-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダム行列理論に基づく社会ネットワーク分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Social Network Analysis Based on Random Matrix Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソーシャルメディア / Social Media  
キーワード(2)(和/英) SNS / SNS  
キーワード(3)(和/英) スペクトラルグラフ理論 / Spectral Graph Theory  
キーワード(4)(和/英) ラプラシアン行列 / Laplacian Matrix  
キーワード(5)(和/英) ランダム行列理論 / Random Matrix Theory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 作元 雄輔 / Yusuke Sakumoto / サクモト ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida / アイダ マサキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 13:10:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-87 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会