お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 13:35
電力線通信システムのためのVVFケーブル敷設方法の違いによる伝送・通信特性評価
上村 綾喜田健司東洋大)・石川博康日大)・篠永英之東洋大CS2018-101
抄録 (和) PLC ( Power Line Communications )とは、既存のインフラである電力線を伝送路として使用する通信技術であり、容易にLAN環境を構築可能な特徴を持つ。しかし、本来電力線はPLC通信で使用される高周波帯信号の伝送は想定されていないため、信号伝送特性やPLC通信特性はあまり明らかにされていない。そこで著者らは、4種類のVVFケーブル敷設方法において信号伝送特性評価としてS21パラメータを測定した。また、通信特性評価として実機を用いた実験によるパケットキャプチャ解析により、TCP平均スループット測定を行った。本稿では、VVFケーブル敷設方法の違いによる伝送・通信特性を評価したので報告する。 
(英) PLC ( Power Line Communications ) is communications technology to use the power-line which is existing infrastructure as transmission line and can build LAN easily. However, signal transmission and PLC communication characteristics are not evaluated enough because a high frequency band transmission of signal used in PLC communication is not assumed for the power-line. Therefore, the authors measured S21 parameter as a signal transmission characteristic evaluation in 4 kinds of VVF cable laying methods. In addition, we evaluated TCP throughputs by packet capture analysis for experiment using PLC system as a communication characteristics evaluation. In this paper, we show transmission, and communication characteristics by the different VVF cable laying methods.
キーワード (和) PLC / VVFケーブル / Sパラメータ / UPA / HD-PLC / HomePlug AV / パケットキャプチャ解析 /  
(英) PLC / VVF Cable / S parameter / UPA / HD-PLC / HomePlug AV / Packet Capture Analysis /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 393, CS2018-101, pp. 79-82, 2019年1月.
資料番号 CS2018-101 
発行日 2019-01-10 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2018-101

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall (Ishigaki Island) 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力線通信システムのためのVVFケーブル敷設方法の違いによる伝送・通信特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Transmission and Communication Characteristic by Difference of VVF Cable Laying Method for PLC Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PLC / PLC  
キーワード(2)(和/英) VVFケーブル / VVF Cable  
キーワード(3)(和/英) Sパラメータ / S parameter  
キーワード(4)(和/英) UPA / UPA  
キーワード(5)(和/英) HD-PLC / HD-PLC  
キーワード(6)(和/英) HomePlug AV / HomePlug AV  
キーワード(7)(和/英) パケットキャプチャ解析 / Packet Capture Analysis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 綾 / Ryo Uemura / ウエムラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜田 健司 / Kenji Kita / キタ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 博康 / Hiroyasu Ishikawa / イシカワ ヒロヤス
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠永 英之 / Hideyuki Shinonaga / シノナガ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-101 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.79-82 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CS-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会