電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 10:50
圧縮センシングに基づく2段階探索方式を用いた電波到来方向推定の性能改善
那須俊哉菊間信良榊原久二男名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,スパース再構成および圧縮センシングに基づく信号処理技術を電波到来方向推定に適用する研究が盛んに行われている.その最適化アルゴリズムの一つとして,最急勾配法の考えを利用したISTA (IterativeShrinkage-Thresholding Algorithm)が用いられている.この手法は,勾配方向に一定のステップサイズで更新を繰り返して信号パラメータが探索されるため,収束に時間がかかってしまう.一方,従来から,収束が速い最適化手法として共役勾配(Conjugate Gradient: CG)法が知られている.これは,探索ベクトルの共役性を用いることで,探索を高速に行うことができる.著者らは,これらの最適化手法を組み合わせた2段階探索方式を提案し,1段階目にISTA,2段階目に共役勾配法を用いて推定を行った場合に推定精度が向上することをこれまでに示した.本報告では,この方式の更なる性能改善を目指して,収束判定に用いる条件を検討した.その結果,収束条件を適切に与えることによって,2段階探索方式の推定精度が向上し,演算時間も短縮できることが確認された. 
(英) In recent years, researches for applying signal-processing techniques based on sparse reconstruction andcompressed sensing to DOA (Direction-Of-Arrival) estimation of radio waves have been actively conducted. As oneof the optimization algorithms, ISTA (Iterative Shrinkage-Thresholding Algorithm) employing the steepest gradientmethod is used. In this algorithm, the signal parameters are searched through iterative updating with a constantstep size in the gradient direction, so it takes much time to converge. On the other hand, the conjugate gradient(CG) method is conventionally known as an optimization algorithm with fast convergence, which actually can per-form high-speed parameter searching by using the conjugate properties of search vectors. In the previous papers,the authors proposed two-step search method in which the two algorithms are combined, and it was shown that theestimation accuracy could be improved by using ISTA at the first step and CG method at the second step. In thispaper, the condition used for convergence is examined to improve further the performance of the two-step searchmethod. As a result, it is confirmed that the estimation accuracy is significantly improved and also the computationtime is considerably reduced when setting the convergence condition appropriately.
キーワード (和) 到来方向推定 / 圧縮センシング / ISTA / 共役勾配法 / 2段階探索方式 / / /  
(英) DOA estimation / Compressed sensing / ISTA / Conjugate gradient method / Two-step search method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 390, AP2018-160, pp. 51-56, 2019年1月.
資料番号 AP2018-160 
発行日 2019-01-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングに基づく2段階探索方式を用いた電波到来方向推定の性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of DOA Estimation Using Two-step Search Method Based on Compressed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来方向推定 / DOA estimation  
キーワード(2)(和/英) 圧縮センシング / Compressed sensing  
キーワード(3)(和/英) ISTA / ISTA  
キーワード(4)(和/英) 共役勾配法 / Conjugate gradient method  
キーワード(5)(和/英) 2段階探索方式 / Two-step search method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 那須 俊哉 / Toshiya Nasu / ナス トシヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-160 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会