電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 11:10
サイクリック相関を導入した電波ホログラフィ法を用いるDOA推定法のSAGEアルゴリズムによる性能改善
中島祐翔菊間信良榊原久二男名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,簡易的な装置で到来方向(DOA) 推定を実現できる手法が望まれ,その一つとして電波ホログラフィ法が期待されている.電波ホログラフィ法では,アレーアンテナ各素子を時間的に切り替えて信号を受信し,参照アンテナとの相関値から信号の複素振幅情報を得る.また,ディジタル変調信号の周期定常性に基づくサイクリック相関を参照アンテナとの相関演算に用いることで,所望波のみのDOA 推定を実現できる.しかし,この手法で扱う相関行列はその生成過程により,推定精度を劣化させる余剰項が生じてしまう.本報告では,SAGE アルゴリズムで生成される完全データ(1 波受信データ)にサイクリック相関を施すことで残留する干渉波成分の低減と余剰項の低減を図った.計算機シミュレーションによる検討の結果,DOA 推定精度が十分に改善されることを確認した. 
(英) In recent years, the methods which can estimate the direction-of-arrival (DOA) with a simple array system are desired, and the radio holography method is expected as one of them. In radio holography, complex signals received by array elements are derived from correlation values between the reference antenna signals and each array element signal which is obtained by switching the array elements one after another. Also, the DOA estimation of the desired waves can be performed by introducing the cyclic correlations based on the cyclostationarity of digital modulation signals to correlation calculation with reference antennas. However, due to the generation process of the correlation matrix in this method, unnecessary correlation terms which degrade DOA estimation accuracy are generated. In this paper, we try to reduce residual interference wave components and the unnecessary correlation terms by applying cyclic correlation to the complete data (one wave reception data) generated in SAGE algorithm. As a result of computer simulation, it has been demonstrated that DOA estimation performance of the proposed method is significantly improved.
キーワード (和) 到来方向推定 / 電波ホログラフィ法 / 周期定常性 / サイクリック相関 / SAGEアルゴリズム / / /  
(英) DOA estimation / Radio holography / Cyclostationarity / Cyclic correlation / SAGE algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 390, AP2018-161, pp. 57-62, 2019年1月.
資料番号 AP2018-161 
発行日 2019-01-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイクリック相関を導入した電波ホログラフィ法を用いるDOA推定法のSAGEアルゴリズムによる性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Radio Holography-Based DOA Estimation with Cyclic Correlation by Using SAGE Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来方向推定 / DOA estimation  
キーワード(2)(和/英) 電波ホログラフィ法 / Radio holography  
キーワード(3)(和/英) 周期定常性 / Cyclostationarity  
キーワード(4)(和/英) サイクリック相関 / Cyclic correlation  
キーワード(5)(和/英) SAGEアルゴリズム / SAGE algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 祐翔 / Yuto Nakajima / ナカジマ ユウト
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-161 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会